“炎の男”輪島功一氏の孫・磯谷、鮮烈1回TKOデビュー!「勝てて良かった」

“炎の男”輪島功一氏の孫・磯谷、鮮烈1回TKOデビュー!「勝てて良かった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/20
No image

デビュー戦で勝利し、祖父の輪島功一氏(左)とファイティングポーズを決める磯谷大心

「ボクシング・4回戦」(14日、後楽園ホール)

“炎の男”と呼ばれた元WBA・WBC世界スーパーウエルター級王者の輪島功一氏(78)の孫、磯谷大心(20)=輪島功一スポーツ=が68・5キロ契約4回戦でデビューし、1回1分23秒TKOで勝利した。

相手は同じくデビュー戦の羽賀彬光(35)=DANGAN越谷。緊張した面持ちで入場しながらも、客席の最前列で観戦していた輪島氏と目を合わせると右手を挙げて意気込みを示した。リングアナウンサーのコール時には輪島氏が思わずリングサイドに近づいてセコンドのイスに腰掛けてしまい、興行プロモーターの三迫ジム・三迫貴会長に止められる一幕もあった。

開始から、182センチの長身から長い左ジャブを突き刺していった磯谷。相手の左ストレート、左ボディーを浴びる場面があったものの、左フックでぐらつかせると連打を浴びせてダウンを奪う。立ち上がった相手にすかさず連打を浴びせて棒立ちにさせると、レフェリーがストップした。

鮮烈な勝利に磯谷は「いろんな方に応援してもらったので、勝ててひと安心です。いつもの動きができたかというと、だいぶ固くなっていたと思うんですけど、勝ててよかったです」と安どの表情。「いろんなボクシングを知っている親族からいろんなことを習って、一つ一つ受け止めて、ちゃんと全部できるようにやったんでよかったです。ダウンがあって、その後もあったので、効いてると思ったのですぐに行こうと思った」と試合を振り返った。

輪島氏はしゃがんで飛び上がる“かえる跳び”などを得意とした変則ファイトで人気となったが、目指すボクシングを「みなさんが安心して見られるような、絶対勝つと思われたいので、もっとパンチをもらわずに勝てるようになりたいです」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加