阪神・サンズが好守備でピンチを脱出 リクエストも判定変わらず

阪神・サンズが好守備でピンチを脱出 リクエストも判定変わらず

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

6回、日本ハム・西川の一直を併殺にする阪神・サンズ=札幌ドーム(撮影・宮沢宗士郎)

(セ・パ交流戦、日本ハム―阪神、3回戦、10日、札幌D)阪神のジェリー・サンズ外野手(33)が守備で魅せた。

1-0で迎えた六回1死一、二塁のピンチ。2番・西川の痛烈な打球がライナーで一塁を襲う。これをサンズが好捕。慌てて帰塁しようとする一走・浅間に“ダイビング・タッチ”。判定はアウト! ダブルプレーでピンチを脱出した。

日本ハム・栗山監督のリクエストでリプレー検証となるも判定は覆らず。サンズは今季初の「一塁」だったが、適応能力を見せつけた。この日はチーム初安打に今季初盗塁もマーク。走攻守で助っ人の活躍が目立った。

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加