「当時の協会はお金もなく...」釜本邦茂が語る日本の五輪サッカー。銅メダル、低迷期後の急成長、そして今大会の注目は?

「当時の協会はお金もなく...」釜本邦茂が語る日本の五輪サッカー。銅メダル、低迷期後の急成長、そして今大会の注目は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/21
No image

日本の上位進出のカギを握るひとりに挙げる久保建英。釜本氏は欧州で経験を積んだ選手たちに期待を寄せる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

インタビューに応じた釜本氏。メキシコシティ大会で銅メダルを獲得した日本代表メンバーのひとりだ。写真:釜本企画

68年のメキシコ五輪で大会得点王に輝くなど日本代表の国際Aマッチ最多得点記録(75年)を保持する釜本邦茂氏。東京五輪開幕に向け、このレジェンドに過去の五輪での記憶を呼び、起こしてもらった。そして、今大会の注目選手に挙げたのは――。

――◆――◆――

――いよいよ東京五輪が開幕します。釜本さんは64年の東京大会に選手として初めて参加されていますね。当時、どのような想いでピッチに立ったのでしょうか。

「正直、当時はまだ20歳で、夢(五輪出場)を実現できたという想いが強すぎて、あまり試合のことを覚えていないんです(笑)。サッカーなんて注目度は低いし、周りも東洋の魔女(女子バレーボール日本代表チームの呼び名)や陸上の(ボブ・)ヘイズ(男子100㍍)のほうに目が向いていましたね。確かに優勝候補のアルゼンチンに初戦で勝ちましたが(3-2)、個人としては得点を奪えず、納得のいく大会ではありませんでした。

ただ、東京大会が終わった時に、『自分は一体何をしていたんだ』という気持ちが芽生えて、とにかく一級品の実力をつけて次の五輪を迎えるんだと考えるようになりました」

――そして4年後の68年のメキシコシティ大会で銅メダルを獲得。快進撃の要因はなんだったのでしょう?

「私個人の話をすると、東京大会のあとにヤンマー(現C大阪)でネルソン吉村という良き相棒を得て力をつけ、さらにドイツ留学でひと回り成長させてもらいました。そうして迎えたメキシコ大会は、全く怪我もなく、現役を通じて最高のコンディションで臨むことができました。それが本当に大きかったですね。

初戦のナイジェリア戦はやはり緊張したんですが、前半に1点を取って硬さが取れて身体が軽くなった。そこから私がさらに2点を取って勝利し(3-1)、次の試合からはやることなすことが全部うまくいくような感覚でした。準々決勝のフランス戦も勝って(3-1)、ひょっとしたらメダルもという雰囲気が出てきましたが、当時最強と言われたハンガリーには0-5で敗戦。3位決定戦に回ると、当時のアドバイザーだった(デットマール・)クラマーさんに『お前ら、ここでなにも持たずに帰るのか?』と発破をかけられ、みんな一気にやる気になった。最後は気持ちの強さでメキシコに勝利(2-0)してメダルを引き寄せましたね」
――しかし日本サッカーは、このメキシコシティ大会を最後に、五輪の舞台から長らく姿を消してしまいます。

「昔のスポーツ選手は今と違って会社勤めをしながらプレーしていたので、だいたい重要な仕事を任される28、29歳あたりで一線から退くことが多かった。メキシコ大会のあとに多くの主力が現役を退いたし、私も25歳の時にウイルス性肝炎を患って2年間はまともにプレーできませんでした。代表に戻ってきた時にはチームの顔ぶれは大きく変わっていましたね。メキシコ大会は東京からほとんどメンバーが変わらなかったので、完成度も高かったのですが、やはりメキシコ大会以降は連係不足になり、レベルが落ちたのは否めませんでした。

多くのスポンサーが付いている今では考えられませんが、当時の協会はお金もなく、遠征や合宿で代表チームを強化することもままなりませんでした。サッカーをするための環境も、やはり強豪国のそれとは雲泥の差があったんですね」
――長い低迷期を経て、日本は96年のアトランタ大会でついに、28年ぶりとなる五輪に出場しました。

「やはり93年に開幕したJリーグ、プロ化が大きいでしょう。プロとしての組織や環境が整備され、選手間の競争力が上がり、そのなかで前園(真聖)や中田(英寿)といった若い選手たちがどんどん頭角を現わしていった。アトランタのあともその流れを継続し、98年のフランス大会でついにワールドカップ初出場を果たし、02年の日韓共催のワールドカップを経て、さらに環境整備に投資して若年層から着実に強化していきました。それがその後の五輪とワールドカップの連続出場につながったと思います」

――日本が今後も強さを維持していくために必要なことは?

「今の世の中、情報が行き渡るのが速いから、昔ほど南米のサッカー、欧州のサッカー、アフリカのサッカーという特色が薄れてきていると思います。世界全体が同じようなサッカーをやり出している。そんななかで最終的にはゴールを決める人がいるかどうかが勝負の分かれ目になる。やはり東京五輪に臨む日本代表もそこがポイントになると思います」
――では、今回の東京五輪に臨むU-24日本代表で注目している選手は?

「やはりフォワードの選手には目がいってしまいますね。今回なら前線で収めることができ、得点力もある上田(綺世)には期待していますよ。五輪のような大舞台では、ラッキーボーイ的な存在が必要だし、前線の選手が毎試合きっちり点を取ってくれたらチームは楽になりますから」

――今回の五輪代表は、オーバーエイジにA代表の主力選手(吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航)を揃え、過去最強の呼び声も高いです。

「そうですね。言うまでもなくA代表のキャプテンである吉田は存在感があるし、若手には心強いでしょう。私がメキシコ大会に臨んだ時も、八重樫(茂生)さんという非常に頼りがいのあるキャプテンがいました。そしてやはり、堂安(律)や久保(建英)といった欧州で場数を踏んできているタレントも多い。メダルを期待させてくれるチームであることは間違いないだけに、1、2戦目をうまく乗り切れれば、良い成績が期待できると思います」

取材・文●長沼敏行(サッカーダイジェストWeb編集部)

サカつく最新作 好評配信中!
今すぐダウンロードしてドリームチームを編成し世界を目指して楽しもう。

夏イベント『Qアニバーサリー』開催中!
期間限定でイベントプレイやゲーム内アイテムを獲得できる!!
「サカつく」でお馴染みの選手達も続々参戦!!!

サカつく最新作 好評配信中!今すぐダウンロード!

公式サイト:https://sakatsuku-rtw.sega.com/
App Store (iOS) :https://apps.apple.com/JP/app/id1326707443?mt=8
Google Play ストア(Android):https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sega.sakatsukurtw&referrer

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加