【静岡ホビーショー】最高時速75km、大型ブラシレスモーターのモンスターRC! 京商「4WD KB10W マッドワゴンVE」登場

【静岡ホビーショー】最高時速75km、大型ブラシレスモーターのモンスターRC! 京商「4WD KB10W マッドワゴンVE」登場

  • HOBBY Watch
  • 更新日:2022/05/14

【4WD KB10W マッドワゴンVE】

7月発売予定

価格:35,200円(税込)

No image

京商ブースで一押しのマシンがRCバギー「4WD KB10W マッドワゴンVE」だ。6月発売予定で、価格は66,000円。

本製品のとんでもないパワーはPVを見るのが一番だ。1/10スケール、全長 472mmとRCカーとすれば大型ではあるが、ものすごい速度でぶっ飛び、そして跳ねる。最高時速は75km/hにも達するという。

【KYOSHO MAD WAGON VE】

これだけの速度を実現させたのは、全長68mmのロングサイズブラシレスモーター。電気で動くモーターは従来の「ブラシ」と呼ばれる電極と、「コミュテータ」と呼ばれる整流子を接触させる従来のモーターから、機械的な接触点がなく回転させることが可能となった「ブラシレスモーター」への進化は、モーターの出力向上につながった。ブラシレスモーターは比較をすれば高価だが、激しい回転でも部品の摩耗が少なく、かつ高速に回転させることが可能になった。

No image

パワフルな走りを実現させるガッチリとしたシャーシ

No image
No image

大容量バッテリーと大型ブラシレスモーターが驚異の走りを実現させる

RCにおいては、これまで大出力を求めるためには「エンジン」が必要だった。その名の通り燃料を爆発させ力を生む小型エンジンは、揮発性の燃料の管理や、メンテナンス性などでRCのハードルをあげる一面がある。バッテリーの効率性の向上と大容量化、そしてブラシレスモーターはRCの世界を変えつつある。「4WD KB10W マッドワゴンVE」はそのRCのトレンドを体現するようなマシンだ。

もちろん大パワーを支えるだけのボディも大事だ。メインシャーシはアルミ製、でこぼこの路面で激しく上下するタイヤにも正確にパワーを伝えるユニバーサルシャフトは堅牢なアームで衝撃から保護される。大出力のモーターのパワーを受け止めるギアも剛性を重視したものとなっている。

本製品が魅力的なのはこのRCマシンの高性能を「箱だし」で楽しめるところ。キットで組み立てるのではなく、完成品で、別売りのバッテリーと送信機用の電池だけ買えば遊べるところだ。コアなRCファンは組み立てることでメンテナンスや調整のコツを掴むが、気軽にRCカーを楽しみたいという人も少なくない。「買ってすぐ遊べる」というのも本製品のセールスポイントだ。

No image
No image

アームがしっかりタイヤを保持。シャフトはフレキシブルに稼働しパワーをタイヤに伝える

No image

アルミ製のフレームで剛性も確保

もちろんこだわりのユーザーにも「4WD KB10W マッドワゴンVE」は応えてくれる。工具を使ってばらし、可動部に油を差したり、調整すればよりしなやかに動作するし、より効率的な「オイルダンパー」などのオプション装備も販売されている。RCになれたユーザーなら修理や調整など、この車が持つポテンシャルをさらに引き出すことができるだろう。

これだけのパワフルなマシンなだけに「どこで走らせるか?」は課題ではあるが、地方で空き地など安全を確保した上で、思いっきりぶっ飛ばして見るのもいいだろう。もちろんオフロードコースのあるRCレース場ならばさらに楽しい走りができる。初心者でもあえてこの大パワーに挑戦するというのはアリだと思う。

No image

内部部品もしっかりしている

No image

オプションパーツも今後登場

勝田哲也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加