阪神 糸井の落球で失策数は「71」に...村上3ランにつながる悪い流れ

阪神 糸井の落球で失策数は「71」に...村上3ランにつながる悪い流れ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

5回、ヤクルト・坂口智隆の打球を落球する阪神・糸井嘉男=甲子園(撮影・田中太一)

「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場)

捕球体勢に入ったが、ボールをつかむことができなかった。そのプレーは5点リードの五回1死走者なしで起こった。

2番・坂口が右翼方向へ大飛球を放った。フェンス手前で右翼・糸井がグラブを構え、落下点に入ったが、ボールを捕球できず。その間に坂口は三塁まで進塁した。

チーム今季71失策目が記録された。この後1死一、三塁となり秋山が村上にレフトスタンドへ3ランを浴びた。失策が失点に絡む形となってしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加