広島県職員を逮捕 官製談合防止法違反などの疑い 入札で金額漏らす

広島県職員を逮捕 官製談合防止法違反などの疑い 入札で金額漏らす

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/01/25
No image

"広島県警本部"

広島県の道路維持修繕業務委託の指名競争入札をめぐり、入札に関する情報を業者側に漏らしたなどとして、広島県警は25日、県建設産業課主査の曽根田英一容疑者(49)=広島市安佐南区=を官製談合防止法違反と公契約関係競売等妨害の疑いで逮捕し、発表した。また落札した同県尾道市の土木工事会社の代表取締役の今井一登(50)=同県福山市赤坂町=、妻の浩美(58)=同=の両容疑者を公契約関係競売等妨害の疑いで逮捕した。県警は3人の認否を明らかにしていない。

捜査2課によると、曽根田容疑者はほかの2人と共謀し、昨年5月、尾道市の国道の維持や修繕に関する指名競争入札で、予定価格と同額の設計金額が2725万円(税抜き)であることを浩美容疑者に携帯電話のショートメッセージで送信。一登容疑者が代表を務める会社に調査基準価格と同額である2450万円(同)で落札させ、入札の公正を害した疑いがある。

曽根田容疑者は2021年4月から現在の職務を担当。入札には複数社が参加していたという。(福冨旅史、松尾葉奈)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加