【リヤドダートスプリント】コパノキッキング差し切り!2着マテラスカイ日本馬ワンツー

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/21

サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で20日、7Rに組まれたリヤドダートスプリント(ダート1200メートル)は好発から先手を奪った戸崎騎乗マテラスカイ(牡7=森、父スペイツタウン)が直線、粘り込みを図るところに外からビュイック騎乗コパノキッキング(セン6=村山、父スプリングアトラスト)が強襲して差し切り勝ち。日本馬ワンツーとなった。ジャスティン(牡5=矢作、父オルフェーヴル)は6着。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加