嵐、初めてのライブ映画、11月に日本公開! 公開日&ポスタービジュアル解禁

嵐、初めてのライブ映画、11月に日本公開! 公開日&ポスタービジュアル解禁

  • ぴあニュース
  • 更新日:2021/09/15

人気アイドルグループ「嵐」の20周年記念ツアーを体感できる、初のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が日本公開されることが決定。11月3日(水)からドルビーシネマ限定で先行公開され、11月26日(金)に全国での公開がスタートする。グループ結成日である9月15日、都内でジャパンプレミアが行われ、メンバーの櫻井翔とメガホンをとった堤幸彦監督が出席。併せて本予告と新ポスタービジュアルも解禁された。

挨拶に立った櫻井は「僕たち結成の記念日に、こうした形でお伝えできるのをうれしく思っています」と喜びの声。11月3日はデビュー記念日にあたり「5人とスタッフでこだわり続けた日付」だといい、11月26日についても、櫻井いわく「くしくも(笑)」大野智の誕生日とあって、ファンにとっては忘れられない公開日解禁となった。また、新ポスターには「さあ、映画館で夢のつづきを始めよう。」の文字が踊り、櫻井は「僕にとっても夢の詰まった作品になりました。これからの夢を感じていただければ」と思いを語った。

第24回上海国際映画祭でワールドプレミア上映され、国内外の注目を浴び、ジャニーズ事務所としても、初のライブ映画となる本作がついに日本公開。2018年11月から19年12月まで、計50公演、累計観客動員237万5000人を記録した「ARASHI Anniversary Tour 5×20」。そして東京ドームで19年12月23日、ライブフィルム製作のために1日限りで「シューティングライブ」を実施し、圧倒的な一体感と臨場感をそのままに、120台以上のカメラで余すところなく記録した。

「あのときの熱気と我々の思いを、真空パックのように閉じ込めたいと思った。ライブ会場では味わえない興奮や距離感、劇場で感じる一体感もあると思いますし、今、このタイミングで楽しんでいただき、1日も早くその日(有観客でのライブを開催できる日)が来ることを祈っています。普通のライブ映像と大きく違うのは、撮影のために皆さんに集まってもらったこと。嵐、スタッフ、ファンがひとつの作品を生み出そうとした映像なので、“チーム嵐”の熱気と気合いを感じてもらいたい。総力戦ですね。ファンの皆さんのご理解をいただき、視線の妨げになっても、ステージ上にカメラを置かせてもいただいた」(櫻井)

また、本作をメンバーでコンサートの総合演出も手がける松本潤と一緒に鑑賞したといい「今年初めて会いました。エンドロールで“Directed by JUN MATSUMOTO”の文字が出てきて、ものすごく恥ずかしがっていた」と明かしていた。

堤監督は「嵐」の初主演映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY」を手がけたほか、各メンバーとの親交も深く、本作には長年にわたり「嵐」に関わり、彼らを知り尽くした映画とライブのスタッフが集結した。「メンバーひとりひとりを、多角的にもぎ取ろうと思った。改めて嵐っていいなと惚れ惚れした」と振り返り、「日本で一番の、最高峰のアーティスト。ある日、ある時の嵐をめぐる空気を、技術的にも精神的にも切り取ることができた」と誇らしげにアピールしていた。

取材・文・写真=内田涼

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』

11月3日(水・祝)からドルビーシネマ限定で先行公開

11月26日(金)から全国公開

配給:松竹

(C) 2021 J Storm Inc.

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加