小菅弘正氏が死去 日本トランスシティ元社長

  • 伊勢新聞
  • 更新日:2022/09/23

小菅 弘正氏(こすげ・ひろまさ=日本トランスシティ顧問、同社元会長・社長)9月18日午前8時26分、多発肝腫瘍のため死去。94歳。四日市市出身。

昭和24年四日市倉庫(現日本トランスシティ)取締役に就任。同43年常務、同49年専務、同60年副社長、同62年社長、平成11年会長、同19年相談役、令和3年顧問。県公安委員長、中部経済連合会副会長、県社会福祉協議会会長、四日市商工会議所会頭、県商工会議所連合会会長を歴任した。

通夜・葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男能正(のぶまさ)氏。後日お別れの会を行う予定だが、日取りなどは未定。

伊勢新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加