鍵は「ハードワークできる」選手 闘莉王、低迷の神戸に“復活の道”を提示「スターをベンチに座らせないと」

鍵は「ハードワークできる」選手 闘莉王、低迷の神戸に“復活の道”を提示「スターをベンチに座らせないと」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/05/14
No image

リーグ戦再開に沈む神戸【写真:Getty Images】

【独占インタビュー】大型補強でタレント揃いの神戸に足りないものを指摘「汗かき屋が少ない」

J1ヴィッセル神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、FW大迫勇也、FW武藤嘉紀、MF山口蛍、DF酒井高徳らタレントを擁しながらも、今季リーグ戦11試合未勝利(4分7敗)に終わっている。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、FOOTBALL ZONEのインタビューに応じ、神戸の状況を分析。現状を打破するために、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)直前の4月に就任したミゲル・アンヘル・ロティーナ監督へ“要求”をした。(取材・文=FOOTBALL ZONE編集部・小杉舞)

◇   ◇   ◇

豪華な面々が並ぶ神戸の選手。だが、結果はまるでついてこない。昨季はクラブ史上最高の3位でフィニッシュし、ACL出場権を獲得。そんなスター軍団を抱える神戸がここまでJ1リーグ開幕から11試合未勝利で最下位に沈んでいる。闘莉王氏はこの要因の1つに昨夏セルティックへ移籍した日本代表FW古橋亨梧の存在を挙げた。

「(古橋の抜けた穴は)でかい。大迫を連れてきても同じことができるとは思わない。タイプも違うし。武藤もタイプは少し似るかもしれないけど、実力的なところは正直なところ古橋のほうが上」

開幕からクラブを率いていた三浦淳寛前監督を成績不振で解任し、4月に招聘されたのがロティーナ監督。エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティーボなど母国クラブの指揮官を歴任し、日本では2017年以降、東京ヴェルディ、セレッソ大阪を指揮した。昨季は清水エスパルスの監督に迎えられたが、シーズン序盤から低空飛行が続き、残り4試合の終盤戦で契約解除となった。ロティーナ監督にとっては、Jリーグで4クラブ目の指揮。神戸の“復活”に期待が懸かるなかで、闘莉王氏は指揮官に求めることがあるという。

「こういうチームっていうのはものすごくバランスが取りにくい。攻撃に偏る。みんなボールを持ちたい人ばかり。汗かき屋、汚れ仕事する人が少ない。例えばイニエスタの横に山口がいたりするけど、山口だけじゃ足りない。もっと中盤にボールを奪いに行ける、取りに行ける選手を置かないといけない。山口だけじゃみんなのカバーをしきれない」

そう話すと、スペインの名門レアル・マドリードを例に挙げた。2000年代前半、各国のスーパースターが所属し、“銀河系軍団”と評された。元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンや元ブラジル代表FWロナウド、元ブラジル代表MFロベルト・カルロスらを擁しても勝てない時期があった。これはなぜだったのか。

神戸は「ハードワークできる人を増やさないといけない」

「昔、レアルにもスーパースターばかり揃うチームを作った時があった。すごいチームだった。でも機能しない。なぜなら、ハードワークという意味では少し足りない。今、神戸もバランス良くするために、ハードワークできる人を増やさないといけない。ハードワークできる人を増やすためには、連れてきたスーパースターたちをベンチに座らせないといけない。そうすると問題が起きる。なんで俺が出てないんだとなってくる。そう考えたら、本当に権力ある監督、芯がある監督じゃないとバランスを取りにくくなる」

ずばり、闘莉王氏がロティーナ監督に求めるのは「バランス良く戦えるチームにすること」。そのためには、時にスターをベンチに下げることも決断しなくてはいけない。だが、そうすることで「間違いなく強さを取り戻すことができると思う」と、断言した。

いまだ手探り状態が続く神戸だが、闘莉王氏が話すように“機能するチーム”を作り出し、再び上位争いに食い込めるようになるか、注目が集まる。(FOOTBALL ZONE編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

FOOTBALL ZONE編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加