ソフトバンク藤本監督「一番必要な選手だった。寂しいです」引退する明石の19年間をねぎらう

ソフトバンク藤本監督「一番必要な選手だった。寂しいです」引退する明石の19年間をねぎらう

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

ソフトバンク藤本博史監督(58)が、現役引退した明石健志内野手(36)の19年間の選手生活をねぎらった。23日のペイペイドーム内で引退会見後に、スーツ姿の明石と監督室内で談笑したことをロッテ戦前に明かした。

No image

ソフトバンク・藤本監督

「僕が打撃コーチのときから、ずっとオールラウンドプレーヤーの形で一番必要な選手だった。代打の切り札で準備もやってもらっていた。寂しいです」

チームトップ級の身体能力と勝負強さを評価していた。持病での腰痛の影響での決断だったが19年間を称えた。「持病と戦いながらやったのも立派。なかなか19年はできませんから」。24日のロッテ戦後には引退セレモニーを行う。「どっかで代打で使いますよ」。一打に期待していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加