言うことを聞かないわが子...頭ごなしに叱らず、「アイ(I)メッセージ」で伝えよう

言うことを聞かないわが子...頭ごなしに叱らず、「アイ(I)メッセージ」で伝えよう

  • オトナンサー
  • 更新日:2022/08/06
No image

「アイ(I)メッセージ」で親子関係が円滑に?

たとえ親子であっても、「自分ではない相手の態度を変える」のは難しいことです。しかし、主語を「あなたは…」ではなく「私は…」に置き換えると、相手がすんなり動いてくれることがあります。

「自分」を主語にして伝えてみる

もともと赤の他人だった2人が夫婦になると、ちょっとしたことですれ違いが起こるものです。例えば、テレビのボリュームや冷房の設定温度。寒さを感じたとき、夫に「どうしてあなたはそんなに設定温度を低くするの! もっと温度上げてよ」と相手の行為を否定する言葉で抗議したら、「俺は暑いんだ」となってしまい、けんかになりかねません。

しかし、相手を主語にして批判するのではなく、自分を主語にして「私、すごく寒いわ。冷房の温度を少し上げてほしい」と言うと、渋々でも従ってくれるかもしれません。

また、家事についても「あなた、何もやらないのね!(=相手を否定している) 少しは手伝ってよ!」と言ってしまったら、相手は不愉快に感じます。そんなときは、夫を主語にするのではなく、妻であるあなたを主語にして、こんなふうに言い換えてみてはどうでしょうか。

「私は家事に追われて限界。だから少しでも手伝ってくれると(私は)とっても助かる」

「子どもの面倒を見てくれると、(私は)助かる」

主語を自分にした“アイ(I)メッセージ”で伝えた方が、少なくとも相手の行動を非難するよりも、人間関係はうまくいくのではないでしょうか。

子どもへの声掛けを「アイメッセージ」にすると…

どんなに穏やかな人でも、人は相手と意見が違うとき、「自分は正しい。相手は間違っている」と思うものです。そのため、主語を相手にして「(あなたは)◯◯だからダメだ。だから(あなたは)◯◯しなさい」と言ってしまいがちです。

でも、よく考えれば相手も同じように思っているのですから、これではらちが明かず、なかなか折り合いがつきません。

帰宅した夫から、散らかっている床を指さされて「(おまえ)少しは掃除しろよ!」「(おまえ)少しは片付けろよ!」と言われたら、掃除をしていない自分を否定されているようで、とても嫌です。でも、「(俺は)掃除をしてほしいな」「(俺は)部屋をもっと片付けてほしいな」と言われた方がまだ、ましではありませんか。

さて、これは子どもに対しても同じです。「こういう行動をしてほしい」と思ったとき、普段、どんな言葉をかけているでしょうか。

子どもに対しても、「何で散らかすの! いい加減に片付けなさい!」と、けちょんけちょんに言い負かすよりも、「(私は)部屋を片付けてほしい」と伝えた方が、子どもの心象は違ってくるはずです。

スーパーでお買い物中、子どもが「お菓子買って、買って!」と騒いだとき、「約束を守れないわがままな子ね! ダメ!」とつい言ってしまうことがあります。しかし、売り場のあめやガムが目に入り、欲しくなるのは、人間の欲求として当たり前です。お菓子を欲しがるのは悪いことではありません。

もし、子どもがお菓子を欲しがったら、頭ごなしに「ダメ」と言うのではなく、主語を親にして、親の気持ちを“アイメッセージ”で伝えてみましょう。

「(ママは)お菓子を買うのは嫌なの」

「(ママは)今日は夕飯だけを買いに来て、お菓子を買うお金を持っていないの」

「お菓子、おいしそうだね。でも残念だけど、今日は(ママは)買わないのよ」

また、親はテレビを見たいのに、子どもがやっているゲームの音量が大きかったとしましょう。テレビの音が聞こえないと、「音を消しなさい!」「ゲームをやめなさい!」と命令したくなりますが、子どもにとっては、ママが見ているテレビの音がうるさいかもしれません。そんなときも、“アイメッセージ”に変えて言ってみましょう。

「テレビの音が聞こえないから、ゲーム音量を下げてほしいです」(普段使わない丁寧語を使うと、なお効果的)

ゲームをすること自体は悪いことではないので、頭ごなしに叱るのではなく、「自分がこうしたいから、あなたにはこうしてほしい」と言い方を変えるだけで、伝わり方が違ってきます。

本当の“愛のあるメッセージ”

私は、友人から「美津子、本を10冊も出して偉いね~!」と褒められることがあります。でも、あまりうれしくはありません。私は、「夫やしゅうとめの世話をしながら子ども数人を育てているあなたの方が、もっとすごいじゃない」と、自分にできないことをやっている友人を素晴らしいと思うからです。

著者にとって一番うれしい言葉。それは、「この本いいね。(私の)ためになったよ」「とっても(私の)役に立ちました」と、読者からの“アイメッセージ”で言われることなのです。これは、どんな本の著者も異口同音に言っていることです。

人と人が関われば意見のぶつかり合いが起こります。大人の議論や、子どものきょうだいげんかも「自分は間違っていない。相手の考えがおかしい」ところからスタートします。人と自分の意見が違うだけです。そんな気持ちでいるのに、相手に対して「あなたは間違っている」と詰め寄っても解決できません。

「私が◯◯してほしい」と主語を“私”にして、「自分がどう感じたか」という言い方に変えて思いを伝えると、相手にうまく伝えることができます。夫から妻、妻から夫、ママから子どもへの“アイメッセージ”は、相手の気持ちを考えた、本当の“愛のあるメッセージ”かもしれませんね。

子育て本著者・講演家 立石美津子

立石美津子(たていし・みつこ),著書案内(立石美津子)1,著書案内(立石美津子)2

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加