スダリオ剛ケガで入院「大晦日大会迫る中気合い入ってた」復帰時期明かさず

スダリオ剛ケガで入院「大晦日大会迫る中気合い入ってた」復帰時期明かさず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

スダリオ剛(2020年12月31日撮影)

RIZINに参戦している大相撲の元貴ノ富士のスダリオ剛(24)が25日、自身のSNSで練習中のケガのために入院したと公表した。

「先日練習中に怪我をしてしまい緊急で手術、入院が決まりました。大晦日大会が迫る中、凄く気合いが入ってた分少しショックがデカいです…」(原文まま)と報告。復帰の時期などの見通しなどは明かさず「復帰までは少し時間がかかりますがまだ大好きなRIZINの舞台で復帰できるよう頑張ります」「またスリルと興奮を皆さんに届けます!少しばかりお待ち下さい」などとつづっている。

20年9月に総合格闘技にデビューしたスダリオ剛は、6月の東京ドーム大会でシビサイ頌真に総合格闘技初黒星を喫し、デビューからの連勝が3でストップ。再起を期して約2カ月間、米国武者修行を敢行。10月24日のRIZIN31でSAINTに快勝していた。「もっともっと強くなる」と意気込んでいた中でのケガとなったようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加