【2日J1見どころ】「大阪ダービー」は双方の新外国人がJ1デビューか

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

明治安田生命J1リーグはきょう2日、第12節の3試合が開催される。

C大阪とG大阪による伝統の「大阪ダービー」は、昨年7月に続き今季の初戦もリモートマッチとなった。この大舞台でC大阪FWアダム・タガート、G大阪MFウェリントン・シウバの両新外国人がJ1デビューする可能性がある。もちろん看板選手も簡単に主役の座は譲れない。C大阪FW大久保嘉人は2004年以来、G大阪FW宇佐美貴史は10年以来となるダービー得点を狙う。

8連敗中と苦しむ大分は、5試合勝利がない清水と対戦する。暗闇から抜け出すきっかけを見いだすのはどちらか。清水DF鈴木義宜にとっては、昨季まで主将を務めていた古巣との初対戦になる。

札幌をホームに迎える湘南は、チームJ1タイ記録となる6試合負けなしを継続中。DF舘幸希やDF石原広教ら小柄ながらも安定した守備を続けている3バックが、FWアンデルソン・ロペスやFWジェイら長身がそろう札幌攻撃陣を封じることができるか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加