明誠・山﨑/直江ペア、学校対抗の敗戦乗り越え4強入り 女子ダブルス準々決勝<卓球・インターハイ>

明誠・山﨑/直江ペア、学校対抗の敗戦乗り越え4強入り 女子ダブルス準々決勝<卓球・インターハイ>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2022/08/09
No image

<第91回全国高等学校卓球選手権大会 日程:7月29日~8月8日 場所:宇和島市総合体育館(愛媛県)>

6日、第91回全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)は大会8日目を迎え、女子ダブルス準々決勝が行われた。

島根県代表の山﨑唯愛/直江杏(明誠)ペアは福岡県代表の谷口果帆梨/田原留奈(希望が丘)ペアと対戦。フルゲームの激戦を山﨑/直江ペアが制し、ベスト8で終わった学校対抗の悔しさを晴らす4強入りを決めた。

その他には、大阪府代表の大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)ペア、高知県代表の青井さくら/白山亜美(明徳義塾)ペア、愛知県代表の小林りんご/野村光(桜丘)ペアがベスト4進出を果たした。

結果は以下の通り。

女子ダブルス準々決勝結果

〇大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)3-0 佐藤清乃/阿久根みこ(聖和学園)

牧野里菜/竹内伶(遊学館)0-3 青井さくら/白山亜美(明徳義塾)〇

〇小林りんご/野村光(桜丘)3-2 東川陽菜/工藤真桜(進徳女子)

谷口果帆梨/田原留奈(希望が丘)2-3 山﨑唯愛/直江杏(明誠)〇

女子ダブルス準決勝組み合わせ

大藤沙月/横井咲桜(四天王寺)- 青井さくら/白山亜美(明徳義塾)

小林りんご/野村光(桜丘)- 山﨑唯愛/直江杏(明誠)

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加