最強寒波襲来から一夜...早朝の気温“-5.1度”金沢市内から中継

最強寒波襲来から一夜...早朝の気温“-5.1度”金沢市内から中継

  • MRO北陸放送
  • 更新日:2023/01/25

金沢市から北陸放送の谷川恵一アナウンサーが午前6時過ぎの様子をお伝えします。

【写真を見る】最強寒波襲来から一夜…早朝の気温“-5.1度”金沢市内から中継

JR金沢駅前です。24日の朝は全く雪が積もっていませんでした。ですが、一晩で冬の金沢らしい景色が戻ってきました。金沢の町なかで指の動きが鈍るような感覚というのを久しぶりに味わっています。そして金沢は水気の多い雪が積もる地域なのですが、今朝はパウダースノーを金沢でも見ることができます。金沢市の午前5時の積雪は9センチとなっていて、当初の予想に比べれば雪の降り方は落ち着いている印象です。しかし、24日夜から冷え込みは非常に強まり、金沢市では午前0時過ぎにマイナス5・1度を観測しました。平年の気温よりも最低気温が5度くらい低くなっています。

こうした中、福井県大野市の山沿いに位置する国道158号では昨夜、大型トラックがスタックした影響で、午前2時ごろまで最大で20台ほどの後続車両が立ち往生しました。

この後の雪の見通しですが、石川県では26日朝までの24時間に多い所で平地で35センチ、山地で60センチと予想されていて、引き続き大雪に警戒が必要です。雪や路面の凍結などによりこの後、通勤通学の時間帯の交通渋滞も懸念されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加