スバル 新型レヴォーグが初のマイナーチェンジで2.4リッターターボモデルを追加! サンルーフを新設定し、3つの新色と選択肢が大幅増

スバル 新型レヴォーグが初のマイナーチェンジで2.4リッターターボモデルを追加! サンルーフを新設定し、3つの新色と選択肢が大幅増

  • MOTA
  • 更新日:2021/11/25

スバル レヴォーグのマイナーチェンジモデルが2021年11月25日(木)に発売された。2020年のデビュー以来初の改良となるが、最大のトピックは2.4リッターターボモデルを追加したことである。それにサンルーフを新たにオプション設定し、新たに3つのボディーカラーを設定するなど、改良ポイントは多岐にわたる。スバル レヴォーグの改良モデルの価格は282万2000円〜434万円(税込)となる。

No image

スバル 新型レヴォーグ2021年改良モデル

2.4リッターターボモデルはSTIスポーツのみ

No image

今回の改良は内外装に変更はない。ホイールデザインも同じである

2020年11月に発売されたスバル 新型レヴォーグが初の改良を実施した。これまで全車1.8リッターターボ水平対抗4気筒エンジンを搭載していたが、新たに2.4リッターターボモデルが加わったのだ。

2.4リッターターボモデルは最高出力275ps/5600rpm、最大トルク374N・m/2000〜4800rpmを発揮する。1.8リッターターボモデル比で、最高出力98馬力、最大トルク75N・mアップしている。2.4リッターターボモデルは「STIスポーツR(439万8000円〜)」のみのワングレードとなっている。

クールグレーカーキが廃止! 新たに3色のボディーカラー追加へ

No image

スバル XVで人気のクールグレーカーキは今回の改良で廃止となっている

加えて、「セラミックホワイト」「サファイアブルーパール」「イグニッションレッド」の3つのボディーからを追加し、全8色のカラーバリエーションをラインアップする。ちなみに新型レヴォーグがデビューした際に設定されていたクールグレーカーキは廃止となっている。

>>

サンルーフを新設定! パワーテールゲートの使い勝手も向上

No image

内装にも変更はなく、STIスポーツを名乗るグレードの内装色はボルドーとブラックの組み合わせた

排気量を拡大したモデルの追加だけでなく、これまで設定のなかったサンルーフをオプション設定。先代レヴォーグに設定されていたサンルーフよりも開口面積を拡大し、抜群の開放感が魅力だ。

そしてリアゲートを電動で開閉できる「パワーリフトゲート」の使い勝手も向上させている。車内からドアロックをしている状態でも運転席スイッチで開閉が行えるようになったのだ。

>>

初の改良を実施したスバル 新型レヴォーグ。先代モデルより開口部の大きなサンルーフ、そして2.4リッターターボモデルの設定と、ユーザーにとって選択肢が増えたことは嬉しいニュースだ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

MOTA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加