〈エンポリオ アルマーニ〉をまとえば、“グレー着こなし”でも表情豊かに!

〈エンポリオ アルマーニ〉をまとえば、“グレー着こなし”でも表情豊かに!

  • Safari Online
  • 更新日:2022/09/30

過度に主張しない一方、うまく取り入れると知性や洗練された印象を与えられるグレー。では、この色を味方につけるにはどうすべきか? 答えはカンタン。〈エンポリオ アルマーニ〉の新作アイテムをまとえばいい。その理由は、無彩色でありながら、華やかささえ感じさせる味つけがちりばめられているから。ブランドお家芸の軽くて優しい着心地とともに、その違いを体感してみてほしい。

No image

フロントを閉じると、斜めの前合わせがさらにポイントに。ベストとパンツも、ほんのり起毛感のあるフランネル仕立て。ジャケットより一段淡いグレーが軽快な印象を演出する。ムートンジャケット57万2000円、ベスト6万8200円、シャツ7万3700円、パンツ9万7900円(以上エンポリオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

[エンポリオ アルマーニ]
EMPORIO ARMANI

秋こそ休日スタイルをアップデイトしたい。そんな人はグレーに着目してみるのはどうだろう。「地味に映るのでは?」と思うだろうが、上質素材とモダンなシルエットの服なら、むしろ知性と洗練を引き出してくれるだろう。なかでも“色彩のリズム”を今期のテーマにしている〈エンポリオ アルマーニ〉は、まさにお誂え向き。表情豊かな様々なグレーは、着る人の個性を品よく際立たせてくれる。

たとえば写真のムートンジャケットはその好例。まず、ふっくらと厚みのあるムートン特有の起毛感によって、美しい濃淡が浮かび上がる。加えて、このジャケットの前合わせ部分が斜めにデザインされている点にもご注目を。前開きで着ると、ほかでは望めないニュアンスをフロントに作ることもできる。こうした味つけによって演出された表情豊かなグレージャケットは、合わせる服もグレーで揃えたワントーンで着こなすと洗練された印象に。アウター選びになかなか白黒つけられない人は、参考にしてみてはどうだろう。

No image

カシミヤ入りの柔らかな素材。サッシュベルトで絞ると柔らかな風合いも際立つ。ジャケット19万5800円、マフラー2万4200円(以上エンポリオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

No image

ウールカシミヤの風合いが映えるジャケット。20万1300円(エンポリオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

No image

ジオメトリック柄が印象的なジャケット。24万2000円(エンポリオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

INFORMATION

●ジョルジオ アルマーニ ジャパン
TEL:03-6274-7070

『Urban Safari』Vol.29P26掲載

写真=野口貴司 スタイリング=中川原 寛 ヘア&メイク=松本 恵 文=遠藤 匠 構成=大嶋慧子
photo : Takashi Noguchi styling : Kan Nakagawara(CaNN) hair&make-up : Megumi Matsumoto text : Takumi Endo composition : Keiko Oshima

Safari Online 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加