【1日のファーム情報】楽天ドラ2黒川が決勝3ラン

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

プロ野球のファームは1日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

楽天はヤクルト戦(戸田)に5―3で逆転勝ち。ドラフト2位・黒川(智弁和歌山)が8回に決勝の2号3ランを放った。先発・高田は6回7安打3失点。2番手の15年目のベテラン・青山が1回1安打無失点で1勝目を挙げ、1回無安打無失点の釜田が6セーブ目。ヤクルトは浜田が6回に6号2ラン。先発・田川は6回3安打無失点の好投だった。

西武は巨人戦(ジャイアンツ)で15安打を放って13―4で大勝。西川が4安打6打点と活躍した。先発のドラフト2位・浜屋(三菱日立パワーシステムズ)は4回6安打2失点で、2番手・粟津が2回1安打無失点で1勝目。巨人先発・直江は5回7安打6失点で1敗目。石川が初回に1号2ラン、7回に2号ソロと2本塁打を放った。

日本ハムはロッテ戦(ロッテ浦和)に2―0。先発・北浦が123球を投げて7安打の完封勝利で2勝目を挙げた。白村が2回に3号2ラン。王柏融が2安打。ロッテ先発・有吉は5回3安打2失点で1敗目(1勝)。

オリックスは阪神戦(鳴尾浜)に6―2。先発・竹安が2回2/3を4安打1失点で、3番手のドラフト1位・宮城が5回3安打1失点(自責0)で3勝目(1敗)。松井佑が3安打、育成選手の大下が2安打3打点だった。阪神先発・岩田は右脇腹の張りで2回0/3を6安打4失点で降板して2敗目(1勝)。

中日は広島戦(ナゴヤ)に8―0で完封勝利。先発・ロドリゲスが5回2/3を2安打無失点で2勝目を挙げ、シエラが3回に1号ソロと育成選手の助っ人が活躍した。広島先発・アドゥワは3回9安打5失点で4敗目(1勝)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加