「アウトランダー Wild Adventure Style」は、タフでスタイリッシュなキャンプスタイルを提案【東京オートサロン2022】

「アウトランダー Wild Adventure Style」は、タフでスタイリッシュなキャンプスタイルを提案【東京オートサロン2022】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/01/14

■老舗アウトドアブランドの「ogawa」とのコラボモデル

東京オートサロン2022に出展された「アウトランダー Wild Adventure Style」は、アウトドアテイストを加味しながらも、スタイリッシュなムードを放っているのが目を惹きます。

No image

「アウトランダー Wild Adventure Style」のエクステリア

三菱の純正アクセサリーと老舗アウトドアブランドで知られるogawa(オガワ)とのコラボによって仕立てられています。

「ブラックダイヤモンド」まとったボディカラーは、光の当たり方によって多彩な輝きを放つのが特徴。

No image

「アウトランダー Wild Adventure Style」のエクステリア

フロント、サイド、リヤのガーニッシュとリヤスポイラーがスポーティな雰囲気を醸し出しています。マッドガードやメッキのミラーカバーなどのパーツがディテールを強調。

No image

ブラックの18インチアルミホイール、タイヤはOPEN COUNTRY A/T EX(235/60R18)を履く

さらに、アウトドア仕様らしく、サイドバー、リヤバンパープロテクター、マッドガードがSUVらしいタフなムードを強調。

ベースキャリアやトレーラーヒッチメンバー、ogawaとコラボによるカータープ、タフメッシュテーブル、ローチェアなどの純正アクセサリーのキャンプ用品により、都会的なイメージを維持しながらもワイルドなキャンプスタイルを構築。

足元はブラックの18インチアルミホイール、タイヤはOPEN COUNTRY A/T EX(235/60R18)の組み合わせで、引き締められています。

No image

リヤバンパープロテクター、リヤコーナーガーニッシュ、トレーラーヒッチメンバーなどを装備

インテリアには、イルミネーション付スカッフプレート、プロジェクションイルミネーション、インテリアイルミネーションパッケージ(フロアイルミネーション+コンソールイルミネーション)などの純正用品で華やかに仕立てられています。

(文/写真塚田勝弘、三菱自動車)

【車輌データ】

出展者名:株式会社三菱自動車

出展車両名:OUTLANDER Wild Adventure Style/ベース車両:三菱アウトランダーG/エンジン:4B12 MIVEC/排気量:2359cc/出力:98kW/5000rpm/トルク:195Nm/4300rpm/モーター:前S61 後YA1/モーター出力:前85kW/後100kW/モータートルク:前255Nm/後195Nm/装着パーツなど:エクシードバイザー、アウトランダーパッケージ(エンジンフードエンブレム(メッキ)+ダイナミックシールドイルミネーション)、スポーティパッケージ(フロントコーナーガーニッシュ+サイドアンダーガーニッシュ+リヤコーナーガーニッシュ)、エレガントパッケージ(フロントスキッドガーニッシュ+サイドプロテクションガーニッシュ+リヤバンパーガーニッシュ)、テールゲートスポイラー、マッドガード、サイドデカール、サイドバー、ミラーカバー(メッキ)、ドアハンドルカバー(メッキ)、フューエルリッド、テールゲートガーニッシュ、トレーラーヒッチメンバー、ベースキャリア、ルーフラックアタッチメント、MITSUBISHI MOTORS × ogawa カータープ&タフメッシュテーブル&ローチェア、ナンバープレートフレーム、ナンバーロックボルト、ブラックホイールロックナット&ラグナットセット、フロアマット(5人乗り用)、イルミネーション付スカッフプレート、ドアスイッチパネル、コンソールアクセントパネル、メーターベゼルガーニッシュ、プロジェクションイルミネーション、インダイレクトイルミネーションマット、インテリアイルミネーションパッケージ(フロアイルミネーション+コンソールイルミネーション)、リヤバンパープロテクター、ラゲッジインナープレート、ラゲッジトレイ、トノカバー、LEDバルブ(パーソナルランプ&テールゲートランプ&ラゲッジルームランプ)。ボディカラー:ブラックダイヤモンド/ホイール:アルミホイール(18インチ/ブラック)/タイヤ:OPEN COUNTRY A/T EX/タイヤサイズ:235/60R18

あわせて読みたい

ラリーアートお馴染みのレッドのエンブレムやアクセントカラーを配したエクリプス クロスPHEV ラリーアート・スタイルに注目!【東京オートサロン2022】

ヤマハ発動機がSTIが開発中の近未来モータースポーツEV・スバル「STI E-RA」にモーターユニットを提供【東京オートサロン2022】

東京オートサロン2022クリガールズ結成!日本レースクイーン大賞2019クリッカー賞受賞の永原芽衣らオートサロン応援隊が誕生!!【東京オートサロン2022】

ダイハツはアトレー&ハイゼット推し!軽自動車の無限の楽しさを実感【東京オートサロン2022】

アルピーヌは6点式ベルト取付用アダプターを標準装備するピュアスポーツカーからF1マシンまでを展示【東京オートサロン2022】

塚田勝弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加