メイウェザー 今回もKO宣言!?約1時間遅刻も「次元が違う」技術見せつけた

メイウェザー 今回もKO宣言!?約1時間遅刻も「次元が違う」技術見せつけた

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/25
No image

気合の入った表情でミット打ちするメイウェザー(撮影・金田祐二)

「超RIZIN/RIZIN.38」(25日、さいたまスーパーアリーナ)

総合格闘家の朝倉未来(30)=トライフォース赤坂=とボクシングルールに準じたエキシビションマッチで対戦する元ボクシング世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(45)=米国=が22日、都内にある元WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志氏が手がけるフィットネス・ボクシングジムで自身初の日本での公開練習を行い、約1時間遅刻しながらも実績にたがわぬ技術の高さを披露。「みんなが希望するなら早く終わらせる」とKOを狙うことを示唆した。

奔放な行動で知られるメイウェザーはこの日も約1時間遅刻。開始約40分前でもホテルで寝ていたという。しかし、実力は本物だった。約20分汗を流し、後半の10分は休憩を入れずにミット打ち、サンドバッグ打ちで素早く正確なパンチを打ち続け、実績にたがわぬ技術を見せつけた。

練習後は「間近で見てみないと違いは分かりづらい。すべての次元が違うことは分かってもらえたと思う」と余裕の表情。18年大みそかの那須川天心戦は1回TKOの圧勝で、「前回は早めに終わらせすぎたから、みんなが楽しめなかったと思う。3ラウンドまで引っ張ろうと思うが、みんなが希望するなら早く終わらせる」と今回もKOを示唆し、「これから買い物に行く」と笑いを誘った。

練習を見た内山氏は「やっぱりすごい。体にブレがない。年齢を感じさせなかった」と感心しきり。「普通に考えたら(未来は)厳しい。当たらない。なりふり構わず突進するようだと、メイウェザーもむきになって強い攻撃に出るかもしれない。そうしないとチャンスはないかもしれない」と予想した。

RIZINの榊原信行CEOは、今回の報酬はメイウェザーが1000万ドル(約14億円)と公言した那須川戦を上回ると明言。那須川戦と同様にキック1発につき500万ドルの違約金が設定されたが、円安の進行で那須川戦を約1億5千万円上回る約7億円になってしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加