阪神・岩田が右脇腹の張りで3回途中で降板 2軍オリックス戦

阪神・岩田が右脇腹の張りで3回途中で降板 2軍オリックス戦

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇ウエスタン・リーグ 阪神―オリックス(2020年8月1日 鳴尾浜)

No image

阪神・岩田

阪神先発の岩田がアクシデントで降板した。3回先頭の白崎に左翼フェンス直撃の二塁打を打たれた直後に香田2軍投手コーチがマウンドへ。その後、岩田はベンチに下がり、平田2軍監督が交代を告げた。

球団広報の発表では「右脇腹の張り」で大事を取っての降板とのこと。岩田は初回を3者凡退に抑えたが、2回には5安打を集められて3失点していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加