橋本聖子会長 小山田氏の辞任を謝罪「責任は私にある。お詫びしなければいけない」

橋本聖子会長 小山田氏の辞任を謝罪「責任は私にある。お詫びしなければいけない」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2021/07/21
No image

橋本聖子氏

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長が20日、国際オリンピック委員会(IOC)の総会出席後にメーンプレスセンター(MPC)で会見した。

前日に雑誌で障がい者とみられる同級生をいじめていた過去を告白していたことを問題視されていた五輪開会式作曲担当のミュージシャン小山田圭吾氏が電撃辞任。問題発覚後も留任の姿勢を貫いていた組織委の対応が問題視されている。

橋本会長は「責任は私にある。しっかりチェックしていくことはできなかった」と話し、「大会の柱である多様性と調和のコンセプトから外れている。多くの心を痛めた方々にお詫びしなければいけない。また対応が遅れたこともお詫びしなければならない」と、謝罪した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加