鬼越・坂井、やっぱり「悔しい...」 水ダウ企画 放送後はケンカ封印、相手称える

鬼越・坂井、やっぱり「悔しい...」 水ダウ企画 放送後はケンカ封印、相手称える

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/23
No image

鬼越トマホーク・坂井良多(左)と金ちゃん

お笑いコンビ・鬼越トマホークの坂井良多が22日、ツイッターを更新。この日TBS系で放送された「水曜日のダウンタウン」で2人組で相撲を取る「タッグ相撲最強コンビ決定戦」に出場するも惜敗したことに「悔しい…」と率直な思いをつぶやいた。

鬼越は初戦でマテンロウと対戦。128キロの巨漢のアントニー擁するマテンロウ相手も、坂井は「雑魚です」と一蹴。「何年ケンカ芸で飯食ってると思ってるんですか」「相手がほんこんさんでも僕は戦いますよ」と前のめりでやる気満々で、有言実行で初戦を突破した。

2回戦は、スポーツマンナンバーワン芸人とも言われるティモンディと対決。坂井は高岸を土俵から出し、前田とも組み合う。坂井が先に倒れたと思われたが、前田の足が先に出ていたとして物言いがつき、結果逆転で鬼越が勝利した。

そして決勝は、レスリング経験者のネルソンズとの対戦。坂井は青山フォール勝ちへ「勝ったらいい世界で勝てなかったから芸人やってるんでしょうが。身分わきまえろ」など挑発するも、結果、惜敗してしまう。

終わった後の坂井はケンカ芸の勢いはどこへやら。蚊の鳴くような声で「入らなかったですけどね…」というと、他の芸人たちからは「あれ?悔しい?」などとツッコまれ、より悔しげな表情を浮かべていた。

放送後、坂井はツイッターで「悔しい…ネルソンズはマジで強い。完敗だ…」と悔しさを改めてにじませた。そして「ティモンディも滅茶苦茶力が強かった…マテンロウは…可愛かった…」と対戦相手をこき下ろすのではなく、しっかり称えると、「運動しないとダメだと強く思った…」と反省。

だが「でも20年振りに柔道部時代の青春を思い出させてくれる感慨深い良い企画だった」とも振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加