「兆候はあった」パルチザンとの契約解除を発表した浅野拓磨、事前に“タダ働き”を明かしていた? 現地紙が指摘

「兆候はあった」パルチザンとの契約解除を発表した浅野拓磨、事前に“タダ働き”を明かしていた? 現地紙が指摘

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/03
No image

クラブとの契約解除を明らかにした浅野拓磨。クラブ側はこれに対して訴訟を辞さない構えのようだ。(C)Getty Images

5月2日、セルビア1部のパルチザンに所属する浅野拓磨は、クラブとの契約解除に至ったと自身のブログとSNSで報告。しかし、クラブ側は「契約違反である」と反論。FIFAの管轄組織に提訴を辞さない姿勢を見せている。

この一報は、セルビア内でも大きな反響を呼んでいる。現地紙『BLIC』は「フットボール界においてこれ以上ない衝撃的な出来事」と伝えた。同紙によれば、パルチザンはこの件を国際サッカー連盟(FIFA)の仲裁裁判所に持ち込み、300万ユーロ(約3億7500万円)を要求すると報じている。ただ、法的な決着がつくまでには2年間かかるだろうとの見通しだ。
一方、現地紙『Telegraf』は「アサノの発表はパルチザンの首脳陣に小さくない衝撃を与えた。クラブを揺るがせた情報には誰もが無関心ではいられなかったが、その兆候は見られていたのだ」と綴っている。

同紙が指摘しているのは、5月1日にイースターを記念してクラブのYoutubeチャンネルで公開された動画だ。浅野が動物園にジャガーに会いに行く様子を公開しているのだが、MCを担当した女性に現在の仕事について問われると、日本人アタッカーはこのように答えたという。

「アサノは『僕はここで仕事をしている。今のところ、タダで』とコメントしていた。この時、彼の胸の内にくすぶっていたことは明かされており、世間に何かが間違っているということを知らせていたのだ」

浅野は2019年にパルチザンに加入し、2022年6月までの契約を結んでいた。クラブの声明に対する浅野側の発信はまだない。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加