二代目八十八襲名の桂宗助「お守り下さい」初代俳名の桂米朝さん墓前に報告

二代目八十八襲名の桂宗助「お守り下さい」初代俳名の桂米朝さん墓前に報告

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/20
No image

故桂米朝さんの墓前に襲名を報告した左から桂南光、桂米団治、桂宗助、桂ざこば(撮影・松浦隆司)

今夏、人間国宝の落語家桂米朝さん(享年89)の俳名「八十八(やそはち)」を二代目として襲名する落語家の桂宗助(57)が20日、兵庫県姫路市の名古山霊苑にある米朝さんの墓前に襲名を報告した。8月29日のサンケイホールブリーゼでの「二代目桂八十八襲名披露公演」を皮切りに全国5カ所で襲名披露公演を開催する。

米朝さんの最後の直弟子として知られる宗助は「なんとか無事に公演はできるように、師匠にはお守り下さいと」と話した。

米朝さんは生前、故永六輔さんら粋人たちと集い俳句を楽しんだ。「八十八」は米朝さんの俳号で、「米」の文字を分解したもの。米朝さんの息子の桂米団治(62)は「米朝の芸風を復活するにふさわしい男です。米朝の魂を具現化できる布石ができる」と期待を寄せた。

桂ざこば(73)は八十八に「色気のある、ええ名前」と喜んだ。桂南光(69)は「ますます大きなはなし家になってほしい」とエールを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加