【ボート】蒲郡チャレンジカップカウントダウンコラム2

【ボート】蒲郡チャレンジカップカウントダウンコラム2

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

チャレンジカップ初Vを目指す峰竜太

「チャレンジカップ・SG」(24日開幕、蒲郡)

初日ドリーム戦の出場メンバーは(1)峰竜太(2)吉川元浩(3)篠崎仁志(4)深谷知博(5)寺田祥(6)毒島誠。

1号艇は峰。チャレンジカップは2年ぶり6回目の出場で、すべてドリーム戦からスタートしてきた。これまで15年の芦屋では6コースまくり差し、17年の下関ではイン逃げ、18年の芦屋では3コースまくり差しで3勝。勝率5割の好相性を誇るだけに、白カポックならば負けられない。

吉川は09年のとこなめ開催以来、2回目のドリーム戦。直前の福岡周年を優勝した勢いで、好発進を決めたいところだ。

篠崎はグランプリシリーズを除いて、SGで3回目のドリーム出場となる。チャレンジカップは過去4回の出場で、優出2回と好相性。活躍の期待がかかる。

4号艇の深谷は、SGのドリーム戦自体が初めてとなる。10月のダービーではSG初優出にして初Vを達成。初体験のドリーム戦でも手腕を発揮しそうだ。

寺田は17年の下関開催以来、2回目のドリーム戦。SGのドリーム出場自体も、グランプリシリーズを除けば3回目。チャンスを生かしたい。

毒島は3年連続5回目のドリーム戦。昨年の桐生開催ではイン逃げを決めたが、今年は6号艇から勝利を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加