大谷翔平、“キレすぎ”スライダーに「マジかよ...」相手打者"ポカン顔"→首振り 見逃し三振直後の“諦め”リアクションに反響

大谷翔平、“キレすぎ”スライダーに「マジかよ...」相手打者"ポカン顔"→首振り 見逃し三振直後の“諦め”リアクションに反響

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/06/23
No image

【MLB】エンゼルス-ロイヤルズ(6月22日・日本時間23日/アナハイム)

エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場。5回までで2回の3者連続三振を含む計10奪三振の快投を披露している。そんな中、1回に見逃し三振を喫した打者が浮かべた“ポカン顔”。さらには“諦め”にも似た首振りシーンが注目を集める一幕があった。

【映像】大谷翔平、キレすぎスライダーに相手打者が「ポカン顔」

問題のシーンは1回、2死ランナーが一、二塁の場面。大谷の立ち上がりを攻めたロイヤルズは1番・メリーフィールドがセンターへの安打で出塁すると2番・ベニンテンディがライトへの連続安打でいきなり先制のチャンスをつかむ。

早々にピンチを背負った大谷だが、ここからギアチェンジ。続く3番・ウィットを空振り三振に打ち取ると、4番・メレンデスをレフトライナーに打ち取って2アウトまでこぎつける。そして打席にはロイヤルズ5番・ドジャー。カウント2-2から大谷が投じた5球目は88.3マイル(約142キロ)のスライダー。これに手が出ず見送ったドジャーだったが、判定はストライク。するとドジャーの視線は球審とボールの軌道を何度も確認するように行ったり来たり。ベンチに引き上げる際も何度も首を横に振って信じられないといった様子を見せた。

そんなドジャーのリアクション、さらに大谷のスライダーに対して、試合を中継したABEMAの視聴者からは「完璧な決め球」「スライダーえぐw」「そりゃ、首振るわ」といった驚きと称賛の声。さらに「今日は勝ちました」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加