2022秋冬「50代が買うべき5着」でつくる最旬コーデ

2022秋冬「50代が買うべき5着」でつくる最旬コーデ

  • Web eclat
  • 更新日:2022/09/23

大人のおしゃれを上品かつ鮮度高く引き立ててくれる、この秋のワードローブに加えるべき5着とは?エクラのファッションをリードするスタイリスト・福田亜矢子さんが厳選。おすすめコーディネートとともに、大人が素敵に見える着こなしのヒントを一挙にお届け!

No image

スタイリスト 福田亜矢子

スタイリスト 福田亜矢子

ふくだ あやこ●ほのかなモード感と上品さをたたえたフェミニンなカジュアルスタイルの提案が、大人の女性から絶大なる支持を集める。『N.O.R.C』のディレクターを卒業し、現在新たなるブランドの準備中。

好きなものや似合うものの輪郭が見えているエクラ世代は、あれもこれも取り入れて、毎シーズンのように新しい自分にならなくていいと思うんです。ワードローブを生かしながら……といっても、毎年同じでは気持ちも上向かないので、おしゃれバランスを上手に今のムードへと導いてくれるものを加えたい。

そんな気持ちで選んだのがこの5着です。
「薄柔タートルニット」「フェミニンシャツ」「ツイードジャケット」「腰高タックパンツ」そして「ジレ」。

目新しさはあまりないかもしれませんが、秋のおしゃれを構成するうえで理由のあるものばかり。だから、着こなしが確実に前へと動きだします。新しい季節のおしゃれのワクワク感はいくつになっても楽しみたいし、楽しむべき! ちゃんと“新しい”、リアルな秋のおしゃれ計画を早速ご提案します。(Ayako Fukuda)

秋のワードローブに加えるべき5着とは?

No image

「この秋、ぜひトライしてほしいのがレイヤードスタイル。その要(かなめ)となるタートルニットは、体の線を優しく美しく引き立てるハイゲージのものが大人向き」。タートルニット¥26,400/デパリエ ニュウマン新宿店(デパリエ)

No image

「くくりでいうならばブラウスになるのですが、今回は“フェミニンシャツ”と名づけてみました。リアルに取り入れられるものとして選んだのは、ディテールは甘く、ベースにシャツらしさをたたえた一枚」。ブラウス¥37,400/サードマガジン(エヴァ マン)

No image

「この秋注目を集めているツイードジャケットは、袖を通すだけで華やかさを足してくれる大人向きなアイテム。クラシックにならないよう着こなし方のコツを考えてみました」。ジャケット¥74,800/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ)

No image

「この秋のパンツは腰位置が高めで、フロントはタック入り。脚のラインをまっすぐに見せてくれ、おなかまわりもスッキリ」。パンツ¥47,300/ebure GINZA SIX店(ebure)

No image

「素材もデザインもますます豊富になっています。全身の鮮度を劇的に変えてくれるお助けアイテム!」。ジレ¥176,000/ebure GINZA SIX店(ebure)

ツイードジャケット

カジュアルスタイルを確実にクラスアップする

ツイードジャケットは、秋の注目の筆頭。チェックされているかたも多いと思います。ツイードの華やかさやその特別感は大人こそ味方にしたいところですが、その一方で、フォーマルな素材ゆえ、コンサバに傾かないように、古っぽく見せないように気をつけることも大切です。例えば、旬度の高いワイドデニムや、今どきのデザインパンツなどモード感のあるパンツで、思いきってカジュアルダウンさせるのが素敵に見せるコツ。首もとを飾るネックレスも、華奢なものよりボリューム感のあるものをガツンと、とそんなふうに振り切っていったほうが、断然あかぬけるアイテムだと思います。(スタイリスト・福田亜矢子)

No image

ノーカラーのコンパクトジャケットはエッジーな旬のパンツと相性抜群!

ツイードの女性らしいムードをたたえつつ、シルバーのボタンがさりげなくカジュアルなムードを呼び込む、ジャストサイズのノーカラージャケット。「ともするとコンサバに見えるノーカラージャケットには、今のムードをつめ込んだパンツがぴったり。モダンでかっこよく、華やか。着映え感も抜群!」。

ジャケット¥74,800/サードマガジン(サードマガジン×ミコモリ) Tシャツ¥9,900(8100)・ネックレス¥275,000(タナーズ インディアン アーツ)/以上ロンハーマン パンツ¥49,500/アカネ ウツノミヤ バッグ¥170,500/八木通商(ザンケッティ) 靴¥90,200/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

No image

風格ある黒のツイードジャケットはワイドデニムで小気味よく

テーラードジャケットも素材がツイード地になるだけでぐっとレディな雰囲気に。「ジャケットに合わせてトップスと小物は黒でまとめました。ボトムは、今年のムードが漂う浅いブルーのワイドデニム。その抜けた雰囲気がカジュアルスタイルをこなれさせてくれます。さらにインパクトのあるチェーンアクセサリーを顔まわりにあしらって、全身バランスの強弱を整えます」。

ジャケット¥308,000/マディソンブルー ニット¥31,900/スローン パンツ¥46,200/ドゥロワー 二子玉川店(ドゥロワー) ピアス¥60,500・ネックレス¥93,500/ジミー チュウ バッグ¥215,600・靴¥108,900/トッズ・ジャパン(トッズ)

薄柔タートルニット

旬のレイヤードスタイルの要になる

この秋ぜひトライしてほしいのがタートルニットでつくるレイヤードスタイル。旬のデザイントップスや、手持ちのニットやシャツ、ワンピースにタートルニットを合わせるだけ。とっても簡単に印象がアップデートされるんです。

重ねることを前提にするので、ハイゲージを選んで。素肌になじむ、薄手で柔らかなタイプがおすすめです。少しフィット感のあるほうが膨張感も抑えられるので、これは譲れないポイント。すっきりと見せるコツは同色でつなぐこと。重ねる色を同色にする、あるいはボトムと色を合わせる。そうすることで全身に縦ラインが生まれ、コーディネートがぐっと洗練された雰囲気に仕上がるんです。(スタイリスト・福田亜矢子)

No image

クールなグレーのワントーンでニットスタイルがモダンに昇華

首もとまでキュッと素肌を閉じ込めた、クールなグレーをつないだニットオンニットスタイル。「ふんわりとリラクシーなのに、ニット特有のほっこり感のない着こなしを意識しました。合わせたニットも遊びがなくジャストサイズなフォルムだから、すっきりとどこか都会的なムードが漂うカジュアルスタイルに。黒のシャープな小物でメリハリを効かせるのもしゃれ見えのカギ」。

タートルニット¥57,200・クルーネックニット¥136,400・スカート¥136,400/マディソンブルー サングラス¥39,600/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥30,800/ボウルズ(ハイク) バッグ¥221,100/ジミー チュウ

No image

顔まわりとパンツの黒が、全身をきりりと引き締めて

「空気をはらませるように素肌に着ていたゆったりとしたシャツは、クロゼットの定番アイテム。この秋は、タートルニットをインして。黒のニットが襟もとからのぞくだけで、顔まわりの印象も全身のバランスも見事に変わります」。パンツも黒にすれば縦のIラインが強調されスタイリッシュに。

タートルニット¥26,400/デパリエ ニュウマン新宿店(デパリエ) シャツ¥36,300/エスケーパーズオンライン(ポステレガント) パンツ¥56,100/ebure GINZA SIX店(ebure) リング¥15,400/ボウルズ(ハイク) ベルト¥7,700/フラッパーズ(レフィエ) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ)

No image

甘さのあるデザイントップスはタートルニットですっきりとメリハリを

深めのVネックとパフスリーブが生み出す立体感の美しいウール地のデザイントップスには、同色のタートルニットを。「体のラインに美しくフィットするカシミヤシルクのリブタートルニットは、縦の直線もアクセントになって上半身にさりげないメリハリも生んでくれます。黒のパンツとのモノトーンスタイルもどこか華やかで、全方位絵になるたたずまいに」。

タートルニット¥62,700・トップス¥253,000・パンツ¥93,500/ブラミンク ピアス¥53,900/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) バングル¥121,000/ドゥロワー 青山店(アグメス) バッグ¥404,800 /デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)

ジレ

表情豊かに、着こなしがパッと盛り上がる

ジレの魅力は、手にした人から実感しているはず。着映え、しゃれ見え、体型カバー……、つくづく大人の味方になってくれるアイテムだと思います。ジレがあるだけでおしゃれが上級になるから不思議です。去年まではリバー素材のものが多く、いうならばコートのアレンジ版のような存在でしたが、今年はまじめな素材のものばかりでなく、ツイードやファー、中綿仕立てなど遊びのあるものが続々登場しています。丈もコートのように長いものから、短いものまでいろいろ!バランスがとりやすいので、パンツだけでなく、ぜひこの秋はスカートやワンピースと合わせて、新しい着こなしバランスを楽しんでもらえたらいいなと思います。(スタイリスト・福田亜矢子)

No image

アルパカ混のリッチなウールジレならとびきり優雅に

シンプルなパンツスタイルをたちまち優雅にしてくれるジレは、上質なアルパカ混のウール素材。「贅沢なロング丈で着映え感を保ちつつ、コートよりも軽快な印象で、日常のシーンでもちょうどいい上品さも魅力。ホワイトを効かせてクリーンに装って」。

ジレ¥176,000・タートルニット¥36,300/ebure GINZA SIX店(ebure) パンツ¥18,700/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥52,800・ブレスレット¥130,900/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) バッグ¥291,500/ジミー チュウ 靴¥104,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

No image

ジャケットライクなジレで、ワンピースを今年らしく

「ジャケットの袖をカットオフしたような斬新さが目をひくエッジの効いたジレには、袖コンシャスなシャツワンピースを。ジレからのぞく手もとのボリューム感が華やかさをプラスし、ほんのりと甘さのある小粋なモード感が楽しめます」。腰位置高めにベルトマークすればスタイルアップ効果も。

ジレ¥96,800/アペリア(ラシュモン) ドレス¥50,600/デパリエ ニュウマン新宿店(デパリエ) ピアス¥92,400・バングル¥137,500/ドゥロワー 青山店(アグメス) バッグ¥180,400/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥148,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

素材も、デザインもいろいろ! おしゃれを加速させる、この秋のジレ

No image

「毛足が遊ぶモへアのジレは、体に寄り添う柔らかな素材感で、見た目以上に着こなしやすいんです。シンプルスタイルも一瞬で特別にしてくれます」。ジレ¥253,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー)

No image

「ミリタリー風の中綿ジレで、丈もしっかりと長め。秋はアウターとして、冬はコートにインしても」。ジレ¥42,900/ボウルズ(ハイク)

No image

「ツイード地を切りっぱなしたようなフロントデザインに、ゴールドのボタン。遊び心のあるデザインのジレは、ボクシーなフォルムで着映え効果も特別」。ジレ¥198,000/ブラミンク

No image

「頰ずりしたくなるエコファーのジレも黒なら大人向き。立体感をもたせたバックスタイルで、スタイリングをモダンに見せてくれます」。ジレ¥41,800/エストネーション

フェミニンシャツ

歯切れののよい甘さが魅力

甘さの適量に悩むことが多いのがフェミニンブラウス。私自身も、なかなか自分の正解が見つけられませんでした。

そんな中、これなら!と思ったのが“フェミニンシャツ”。どこかちゃんと甘くて、どこかスッキリとしていて。一見するとブラウスなのですが、コットン100%でシャツのムードと甘さが絶妙なもの。だからトゥーマッチにならず、リアルに着こなせます。シンプルなシャツではかなえることができないこの華やかさは、間違いなく大人の味方。季節の立ち上がりから早速取り入れてみてください。(スタイリスト・福田亜矢子)

No image

パリッとしたコットンと甘い袖がオールホワイトを新鮮な印象に

「コットン地の端正さと華のある袖デザインがドッキングした一枚は、ネックデザインもすっきりとシンプルで合わせやすく秀逸。この秋注目のアランニットベストとのレイヤードにもぴったり。品のよい華やぎがいい」。

ブラウス¥37,400/サードマガジン(エヴァ マン) ベスト¥121,000・パンツ(共布サスペンダーつき)¥85,800/ドゥロワー 二子玉川店(ドゥロワー) ピアス¥45,650・ネックレス¥121,000・リング(人さし指)¥204,600・(中指)¥456,280/トムウッド プロジェクト(トムウッド) バッグ¥203,500/八木通商(ザンケッティ)

No image

クールなフリルが、黒の着こなしを知的に華やがせて

「スタンドカラーのハンサムさとフリルの華やかさが、黒の着こなしを優美に洗練させます。清潔感のあるブルーも好印象の理由に」。

ブラウス¥22,000/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) 肩にかけたニット¥28,600・スカート¥35,200/カオス表参道(カオス) ピアス¥26,400/ワームス ルミネ新宿店(ワームス) バングル¥67,100/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥162,800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥42,900/アイネックス(アソース メレ) 靴¥79,200/アッシュプラスエリオトロープ(ネブローニ)

No image

シンプルな身頃にボリューム袖のさりげない甘さが魅力

全身にベージュを散らした品のよいカジュアルスタイルの軸になっているのが、上半身の白。「ふっくらとした手もとが余韻を生み、いいあんばいで女っぽさを足してくれます。これがカットソーだと印象は全然違います。アクティブだけれどどこか甘い、それが理想的」。

シャツ¥42,900・トレンチコート¥165,000・パンツ¥52,800/ハーヴェル スタジオ サングラス¥57,200/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥59,400/ワームス ルミネ新宿店(ルフェール) バッグ¥169,400/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24,200/ドゥロワー 二子玉川店(ノヴェスタ)

腰高タックパンツ

全身バランスをすっきり見せる

ウエスト位置がやや高めで、タックとセンターライン入りのワイドパンツはこの秋の本命。ワードローブの常備品にぜひおすすめです。タックがあることで、気になるおなかまわりや太ももはスマートにカバーされ、またセンターラインのもたらす脚線美とスタイルアップ効果で、下半身を美しくラッピングしてくれます。きゅっとコンパクトなトップスとの相性も抜群で、全身のバランスも去年とは様変わりする、と大人にいいことづくし。モダンなのにむずかしくないって、おしゃれする喜びが増えるようでうれしいですよね。素材や色など挑戦しながら、大人こそ堂々と着こなしてほしいです。(スタイリスト・福田亜矢子)

No image

王道チェックは洗練フォルムで余裕たっぷりに着こなしたい

クラシックなチェック柄をモダンなデザインに落とし込んだワイドパンツは、ダブルタックがおなかの張りを解消。「ウエストとヒップが美しく収まるので、トップスをコンパクトにしてもきれいで、どこか優雅に」。

パンツ¥47,300/ebure GINZA SIX店(ebure) ライダースジャケット¥165,000/エストネーション(ジェームス グロース) カットソー¥12,100/エイトン青山(エイトン) ネックレス(長)¥28,600・(短)¥28,600・ブレスレット¥23,100/八木通商(ローラ ロンバルディ) バッグ¥39,600/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥130,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

No image

カービーなラインの美しい立体感で着映える、新定番パンツ

「一見シンプルでマニッシュ。でも、実際にはくととってもモダンなシルエットで、着こなしをあかぬけさせてくれるんです。短め丈のニットと合わせると、全身のバランスもすっきりと新鮮に。白をたっぷりと効かせて、正統派のグレーを軽やかに」。

パンツ¥42,900/エイトン青山(エイトン) ニット¥52,800/エストネーション(コラム) ピアス(片耳)¥9,350/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング(中指)¥99,000・(薬指)¥110,000/ボロロ バッグ¥68,200/ノーベルバ(ア ヴァケーション) ストール¥39,600/アイネックス(アソース メレ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)

No image

流れるようなシルエットのツヤピンクは、黒合わせでメリハリを

リラクシーな落ち感のあるツヤパンツも、タックとセンターラインできりりとした印象に。「ピンクのパンツはインパクト大。でもディテールが正統派なので甘さが前に出すぎないんです。毛足の遊ぶリッチな風合いのニットに、足もとはタッセルローファーでメリハリを効かせて。新しいバランスの着こなしになりました」。

パンツ¥93,500・ニット¥88,000/ブラミンク ネックレス(長)¥115,500・(短)¥204,600・ブレスレット¥103,400/ホワイトオフィス(ジジ) バッグ(9月発売予定)¥300,300/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥148,500/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

▲ページトップに戻る

>>福田亜矢子さんの記事一覧

▼その他のおすすめ記事もチェック

撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/SHIHO 取材・文/松井陽子 ※エクラ2022年10月号掲載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加