巨人痛恨 今季10度目の完封負けで4位・広島と0・5差に縮まる

巨人痛恨 今季10度目の完封負けで4位・広島と0・5差に縮まる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23
No image

8回、中田(中央)は浅い右飛に終わる(撮影・佐藤厚)

「DeNA3-0巨人」(22日、横浜スタジアム)

巨人が今季10度目の完封負けで連勝は3で止まった。勝てば、2位・DeNAに3差に迫る一戦だったが、打線が沈黙し、5差に引き離された。4位・広島とは0・5差になった。

打線は2度の満塁機を逸した。最大の好機は3点を追う八回。エスコバーを攻め立てて無死満塁とするが、代わってマウンドに上がった伊勢に対して、中田が右飛、岡本和が見逃し三振、中島が二飛に倒れて、まさかの無得点。ベンチの原監督も険しい表情でグラウンドを見つめた。

1点を追う三回も2死満塁の逆転機を演出したが、4番・中田が中飛に倒れて無得点に終わっていた。好逸が続き、流れを手放した。

先発のメルセデスは初回2死三塁から牧に先制の中前適時打を浴びるも、以降は立ち直り、5回1失点の力投。しかし、味方からの援護がなく、6月4日・ロッテ戦以来の6勝目を挙げることはできなかった。

六回は平内が宮崎にソロを浴びて2点目を献上。七回にはクロールが関根の犠飛で3点目を失うなど、リリーフ陣も踏ん張り切れなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加