大谷、日米通じて初1試合2盗塁 シーズン40本塁打、40盗塁の可能性も

大谷、日米通じて初1試合2盗塁 シーズン40本塁打、40盗塁の可能性も

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

エンゼルス戦 三盗するエンゼルス大谷(AP)

<マリナーズ2-0エンゼルス>◇2日(日本時間3日)◇Tモバイル・パーク

▼エンゼルス大谷翔平投手が日米を通じて初の1試合2盗塁。

三盗は18年9月10日レンジャーズ戦、同28日アスレチックス戦に次いで日米通算3個目。今季盗塁は6個となりア・リーグ3位。シーズン37個ペースになる。本塁打は49本ペースだが、大リーグ史上で06年ソリアーノ(ナショナルズ)ら4人しかいない同一シーズン40本塁打、40盗塁の可能性もある。

▼大谷が今季3個目の死球。大谷の死球は日本で13年1個、16年1個、17年2個、大リーグでは18年2個、19年2個、21年3個となり、シーズン3個は初。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加