“大規模接種”予約ガラガラ...「若者優先」する区も

“大規模接種”予約ガラガラ...「若者優先」する区も

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/11
No image

動画を見る(元記事へ)

感染拡大を防ぐため、ワクチン接種が加速化しています。

■“大規模接種”は予約ガラガラ…

10日、防衛省が運営する東京の大規模接種センターでは、キャンセル待ちの人の列が続いていました。

一方で、来週以降の新規の予約は、東京会場で約2割、大阪会場で約3割しか、埋まっていません。

こうした状況を受け、防衛省は、12日の午前7時から電話でも予約を受け付けることにしました。

また、東京と大阪の両会場ともに、10日から接種の対象を全国の高齢者に広げています。

■「インターネット分からん」 高齢者の行列

一方、こちらは兵庫県西宮市の市民会館にできた、高齢者の長い行列です。

21日から、兵庫県で始まる大規模接種の予約ハガキをもらいに集まったのです。

予約は、インターネットでも受け付けるのですが、来場者は「私らインターネットなんか、どないしたらいいか分からんから」「インターネットよう使わんから、だから教えてもらって、きょう来た」と話していました。

ただ、ハガキでの予約の場合、日時は指定できません。

■杉並区は“若者”への接種を優先

こうしたなか、若い世代に向けた接種の動きもあります。

東京・杉並区は12歳から39歳までの予約や接種を来月13日から始めると発表しました。20代から30代に感染者が多いため、40代や50代よりも優先した形です。

こうした方針に、地元の若い世代は。

20代、女性:「若い世代の方が結構、密になる空間とか、危険性が高い空間にいることが多いと思ったので、賛成」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加