尼崎工が8強入り プロ注目西原が2安打完封「カットボール、いい感じ」

尼崎工が8強入り プロ注目西原が2安打完封「カットボール、いい感じ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/01
No image

完封勝利を挙げたプロ注目の西原(撮影・永井優花)

「春季高校野球兵庫大会・3回戦、尼崎工4-0関西学院」(1日、高砂球場)

尼崎工が4-0と快勝し、準々決勝進出を決めた。プロ注目の最速143キロ右腕・西原啓翔投手(3年)が先発し、9回2安打完封。「ストライクゾーンに集めて打たせて取るピッチングができていたと思う」と振り返った。

初回、左前打と死球で2死一、二塁のピンチを背負ったが、最後の打者を三振に斬って無失点で切り抜けると、二回以降は四球などで走者を背負いながらも決定打は許さず。「前回(24日・神戸第一戦)は左打者へのインコースが甘く入って打たれましたが、今日はカットボールがいい感じに決まっていた」と、最速143キロの直球とカットボール、スライダーなどでアウトを重ねた。

西原は、地区ブロック代表決定戦・尼崎稲園戦でノーヒットノーランを達成するなど、この春で確かな成長を見せている。進路はまだ未定としたが、「(志望届が)出せるような投手になれば出したい」と意気込んだ右腕。プロ入りという夢をかなえるために、今後もアピールを続けていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加