森保采配に「何の練習しているのか!」闘莉王がコキ下ろした「セットプレー」最低評価

森保采配に「何の練習しているのか!」闘莉王がコキ下ろした「セットプレー」最低評価

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2023/11/22
No image

森保ジャパンが日本時間で11月21日深夜、サッカーW杯2次予選のシリア戦に臨む(サウジアラビア・ジッダ)。シリアはFIFAランキングで格下だけに大量点差での勝利も予想されるが、同じく格下相手だった前戦のミャンマー戦を元日本代表の田中マルクス闘莉王は自身のYouTubeチャンネルで激辛評価。5-0で快勝したものの、10点満点中で平均点を2点としていた。

【関連記事】「野球で言えば台湾がアメリカに勝ったような」W杯ドイツ撃破の大金星をたとえてみたら…

特にDFラインについては、

「相手が弱すぎて何も仕事していない。あそこに立っていただけ」

として2点。しかし、それは選手の問題ではないと擁護した闘莉王。一方で森保監督とコーチ陣には1.5点と厳しい評価で、

「格下のミャンマーを相手にして、セットプレーから『おおっ!』ってなるシーンがない。たくさんあったのに1本も入らない。何の練習をしているのか」

と激しく批判した。

収穫はヴィッセル神戸所属のゴールキーパー・前川黛也が代表デビューを果たしたことで、

「これはいいご褒美。首位を走っているチームの。今後も続けてほしい。呼んだだけでもよかった」

と森保采配を称える一方、

「首位の神戸からGKを呼んだのに、じゃあなぜ大迫(勇也)は呼ばれていないのか。そこも疑問に思う。記者たちもそういう質問をするべき。ちょっと…(大迫と森保監督の間に)何かあるのかな。記者は大迫にも『なぜ呼ばれないと思っているんですか』と聞いてほしい。大迫選手も本音を言っちゃうんじゃないの?俺だったら言っちゃいますけど」

とし、大迫と森保監督の間に確執があることを匂わせている。ミャンマー戦まで国際Aマッチ7連勝中の日本代表。勢いに乗る森保監督だけに、闘莉王の声は届くか。

(鈴木誠)

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加