オーディンが天地創造を成し遂げた時から徐々に始まった神族 VS 巨人の死闘は、なぜ起きたのか?【世界の神々】

オーディンが天地創造を成し遂げた時から徐々に始まった神族 VS 巨人の死闘は、なぜ起きたのか?【世界の神々】

  • ラブすぽ
  • 更新日:2022/09/23
No image

憎悪と敵対心が渦巻く終末思想と滅びの美学

ユグドラシルに支えられた世界が、なぜ壮絶な死闘の末に滅亡したのでしょうか。それは、オーディンが天地創造を成し遂げたときから徐々にはじまっていました。

巨人ユミルの死体で世界を創り上げたときから巨人族の恨(うら)みを買い、アース神族と巨人族との敵対関係はできあがっていたのです。

そして、ラグナロクで滅亡するという予言を受けてからは、戦死者をよみがえらせて戦闘力を強化したり、その戦死者を増やすためにわざと戦争を巻き起こしたりと、容赦ない手段で身を守ろうとするオーディン。

すべてはラグナロクでの滅亡に備えた策略ではありましたが、それによって神族、巨人、人間たちの間に憎しみと敵対心が膨らみ、大戦争へと突入していくのです。

こうした物語は、いにしえの時代に北欧の人々に生まれた終末思想と、悲劇さえも受け入れて生きようとする滅びの美学が反映されているといわれています。

物語では、ラグナロクで滅亡するものの、かろうじて生き残った少数の神々によって世界は再生され、人間も復活します。

枯れてもまた芽を出し、成長する植物とともに生きる北欧の人々の樹木崇拝も、ストーリーに活かされています。

No image

*樹木崇拝:特定の樹木を神聖なものとして見なしたり、霊魂が宿っていると崇める思想。日本でも見られる。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 世界の神々』
著者:鈴木悠介  日本文芸社刊

No image

執筆者プロフィール
早稲田大学卒業。予備校講師(世界史)。現在は各地でのライブ授業に加え、YouTubeの予備校「ただよび」やオンライン予備校「学びエイド」などの映像配信授業でも活躍中。また教育系YouTuberとしての顔も持ち、YouTube「すずゆうチャンネル」ではさまざまな世界史コンテンツを発信している。

No image

恋多き神々の王・ゼウス、神々を従える最強の神・トール、4本腕の荒ぶる神・シヴァ。 個性豊かで魅力たっぷり! 世界の神様のキャラクターを大解説! ギリシャ神話、北欧神話、ケルト神話、エジプト神話、インド神話、メソアメリカ神話。人気抜群の神々と英雄たち32神(人)の性格とエピソードを、イラストと図を交え、わかりやすく紹介します。神々たちの愛憎ドラマのギリシャ神話、世界樹の下、終末に向かって突き進む北欧神話、妖精も登場するケルト神話……。神々と怪物、巨人、英雄たちが繰り広げる壮大な戦いや奇想天外な天地創造の物語など、想像を絶する神話のストーリーと世界観もくわしく解説しました。世界の神々を知ると、映画、小説、テレビドラマ、マンガ、ゲームがもっと楽しくなります!

ラブすぽ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加