ヤクルト・山田が走者一掃の適時二塁打 満塁弾の村上と2人で序盤に計7打点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/24

「中日-ヤクルト」(23日、バンテリンドーム)

ヤクルトの山田哲人内野手が四回、2死満塁から走者一掃の適時二塁打を放った。

4点リードで迎えた四回だ。安打と2四球で2死満塁の好機を作ると、山田が打席へ。カウント1-1からの3球目だった。変化球を振り抜くと、打球は左中間を真っ二つに切り裂き、走者全員が一気に生還。大きな中押し点をもぎ取った。

山田は球団広報を通して、「追加点がほしい場面だったので、追加点が取れるバッティングができてよかったです」とコメントした。

この日は初回に村上が今季4本目の満塁弾を放ち、華麗な先制劇に成功。首位を独走中のチームの3&4番で序盤に7打点を挙げ、目指す11カード勝ち越しへ一気に突き進んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加