武藤事務総長 五輪大会関係者へのワクチン優先接種は「要人に近いボランティアも接種が望ましい」

武藤事務総長 五輪大会関係者へのワクチン優先接種は「要人に近いボランティアも接種が望ましい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、国際オリンピック委員会(IOC)理事会で大会の準備状況を報告した。報告後に会見した武藤敏郎事務総長は、米製薬大手ファイザー社から無償提供される新型コロナウイルスワクチンの接種対象をボランティアや国内メディアまで拡大する案について、「(現在提供されている2万人分に)プラスアルファのワクチンが手に入るのであれば、接種の方向で検討していきたい」と述べた。

No image

IOC理事会にオンラインで出席後、記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長(右)と武藤敏郎事務総長

丸川珠代五輪相は8日にボランティア7万人全員への接種を検討していると明かしたが、武藤事務総長は「国に(ワクチン確保を)お願いしている。前向きに対応できると聞いているが、数は聞いていない。数字が出るようならすぐに打てるように準備を進めたい。(数に)ゆとりがあり、世の中の状況が許すなら、全員に打つこともありえる」と話すにとどめた。選手と接触機会の多い大会関係者への接種を優先する方針だが、「要人に近いボランティアは接種が望ましいと考えている」との方針も明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加