さまぁ~ず あいみょんが描く“おじさん”像にぴったり符合「野球に例えるなって」

さまぁ~ず あいみょんが描く“おじさん”像にぴったり符合「野球に例えるなって」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/20

お笑いコンビ「さまぁ~ず」が、19日深夜放送のテレビ東京系「紙とさまぁ~ず」(月曜深夜0・10)に出演し、シンガー・ソングライターあいみょん(26)から指摘された“おじさん”ぶりをさっそく露呈する一幕があった。

No image

「さまぁ~ず」の三村マサカズ

ゲストは登場せず、著名人のアンケートの回答をもとに、さまぁ~ずが2人でトークする新感覚の番組。今回は、あいみょんからのアンケートをもとにしたトークの後編が放送された。

「『こういう人はおじさん』と決めていることはありますか?」の質問に対し、あいみょんからの回答は「野球とプロレスで例える人」というものだった。大竹一樹(53)が「完全に三村さん」と指摘すると、巨人ファンでもある三村マサカズ(54)は「やべえ~。野球とプロレス、例えがちだね」と、のけぞって苦笑い。さらに「二塁、三塁にランナー背負った時のお前じゃねえんだから」、「イチローじゃなくて松井タイプなんだよね、とか、嫌なんですねえ」と例を挙げていた。

その後、「『あの男の人、背高いね』、どれくらいの大きさの人を想像しますか?」の問いに、あいみょんは「190センチ以上」と答えを寄せた。想像を絶する高水準だったようで、2人は「え~!」と絶句した。ここで三村は、あいみょんの指摘をすっかり忘れてしまったのか、「大谷(翔平)とか。スポーツ選手寄りだよね。途中で家族が恋しくて帰っちゃった(巨人の外国人選手)スモークとか」と反応。大竹からすかさず「野球に例えるなって言ってるの」とツッコミを受けていた。

ここで話題が一度、切れたように見えたが、大竹は「スモーク、何センチ?」となぜか話を続行。三村が「192、3」と答えると、大竹は「そんなでけえんだ…っていうのが一番うるさいんだろうね。いいよ、(話を)膨らまさないで」と、今度は自分自身にツッコミを入れていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加