【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Subtitle」まだまだストリーミング首位走行中(11/25訂正)

【先ヨミ・デジタル】Official髭男dism「Subtitle」まだまだストリーミング首位走行中(11/25訂正)

  • Billboard JAPAN
  • 更新日:2022/11/25
No image

GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2022年11月21日~11月23日の集計が明らかとなり、Official髭男dism「Subtitle」が7,759,443回で首位を走っている。

上位7曲は3週連続でトップ7をキープ中。1位の「Subtitle」は、当週前半も775.9万回と高水準をキープし、首位6週目に突入した。当週は同曲が主題歌に起用されているドラマ『silent』がサッカーW杯の生中継のため放送休止となっており、その影響が本楽曲のチャートアクションに影響を与えるのか、週間チャートの結果に注目だ。

23日にCDリリースを迎えた米津玄師「KICK BACK」は、5週連続で2位の座をキープ。5位のTani Yuuki「W / X / Y」は、23日放送の『テレ東音楽祭』で披露され、週後半の伸びに期待できそうだ。

映画『すずめの戸締まり』の主題歌で、2022年11月23日公開チャート(集計期間:11月14日~20日)で初のトップ10入りを果たしたRADWIMPS「すずめ (feat. 十明)」は、前週10位から当速報では8位に2ランクアップ。もうひとつの主題歌であるRADWIMPS「カナタハルカ」は11位を走っており、10位のTani Yuuki「もう一度」との差はおよそ2,000回と、超僅差の戦いを見せている。

◎Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報
(集計期間:2022年11月21日~11月23日)
1位「Subtitle」Official髭男dism
2位「KICK BACK」米津玄師
3位「Overdose」なとり
4位「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado
5位「W/X/Y」Tani Yuuki
6位「祝福」YOASOBI
7位「ミックスナッツ」Official髭男dism
8位「すずめ (feat. 十明)」RADWIMPS
9位「私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado
10位「もう一度」Tani Yuuki

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャートは、GfK Japanが提供するオンデマンド型音楽配信サービス(Amazon Music (Unlimitedおよびプライム会員向け音楽ストリーミング)、Apple Music、AWA、HMVmusic、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、Spotify、TOWER RECORDS MUSIC)、プレイリスト型音楽配信サービス(dヒッツ、うたパス)、MRC Dataが提供するYouTube Musicの再生回数を合算して集計していますが、先ヨミ時点の集計値はGfK Japanのデータによる推定値となります。

※記事初出時、チャートの順位に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加