永瀬王座、広瀬八段に敗れ全勝突破逃す...2年ぶりプレーオフへ 王将戦挑決L

永瀬王座、広瀬八段に敗れ全勝突破逃す...2年ぶりプレーオフへ 王将戦挑決L

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

◇第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

No image

広瀬八段に敗れ全勝突破を逃した永瀬王座

将棋の第70期王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグは20日、東京・将棋会館で一斉対局を行った。永瀬拓矢王座(28)が広瀬章人八段(33)に敗れ、豊島将之竜王(30)=叡王との2冠=が羽生善治九段(50)に勝利。永瀬と豊島が5勝1敗で並び、リーグ2年ぶりのプレーオフ(30日)が決まった。

ワイシャツ姿の永瀬は112手目の△4七成桂を指し終えると上着に袖を通し、一通りの身繕いを完了。広瀬の125手目を見て深々と頭を下げる。「つくりが悪すぎて、課題が多くある。作戦がかなり失敗していました」

序盤で何げなく選んだ36手目の△6二王をまず悔やんだ。駒組みよりも積極的な手を指すべきだったのか。「中盤は盛り返した気がしますが…」。形勢で一歩リードする局面も確かにあった。だが広瀬の47手目▲2四歩に対し3五銀と返した場面に「いろいろと分岐が発生し、(別の)どれかを選んでいれば態勢として悪くなかったと思う」と視線を落として振り返った。リーグ初参加で破竹の連勝は5でストップ。渡辺王将に挑むにはプレーオフで豊島を倒さねばならない。今期の叡王戦7番勝負で3勝4敗2持将棋と死闘を繰り広げた宿命のライバル。「これだけ勉強の場が与えられているので成長の糧にしたい。精いっぱい、いい勝負にしたい」。軍曹の胸中でファイティングポーズは解かれていない。(我満 晴朗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加