「病院に行くため、車いすで乗った満員電車。人の波に流されていると、ガッシリした男たちに囲まれて...」(東京都・30代女性)

「病院に行くため、車いすで乗った満員電車。人の波に流されていると、ガッシリした男たちに囲まれて...」(東京都・30代女性)

  • Jタウンネット
  • 更新日:2022/05/14

シリーズ読者投稿~あの時、あなたに出会えなければ~ 投稿者:Jさん(東京都在住・30代女性)

その日、Jさんは病院に行くため、車いすで満員電車に乗らなければならなくなった。車いすのブレーキをかけていても、人の波に揉まれて、あちこちに流されてしまったという。

目線が低く、周りの状況が見えなくて自分がどこにいるかもわからない。そんな彼女を、体格の良い3人の男性が囲んだ。

No image

車いすで満員電車を利用した(画像はイメージです)

<Jさんの体験談>

私は車いすユーザーで、電車で移動する際は、なるべく混み合う時間を避けています。ですが、あの日は通院のために、どうしてもラッシュの電車に乗らなければなりませんでした。

京浜東北線で川崎から田町方面へ向かおうと、やっと乗り込んだ車内は激混み。同行のヘルパーさんとも離れてしまいそうな勢いです。

ブレーキをかけていても、車いすごと人の波に押されて、あちこちに流されていく私。目線も低いので、周りの状況もよく見えず、自分がどこにいるのかさえわからない状態でした。

最初は恐怖もあったけど......

そんな時、体格の良い3人の男性に囲まれました。こちら側を向いた男性が、私の目の前と、左右に立ちました。

最初は、何ごとだろうと恐怖さえ覚えました。しかし、その男性たちは、周りの人の波から私を車椅子ごと守っていてくれたのです。

No image

満員電車で守ってくれた......(画像はイメージです)

男性たちが囲ってくれてから、車いすは安定。人の波でもみくちゃになることはありませんでした。

そして、無事目的地に着くと、ホームに降りるまで、しっかりと周りをガードして下さっていました。

3人の男性が知り合い同士だったのかはわかりませんが、無言でとってくれたその行動が本当にありがたかったです。

降りるのに精いっぱいで、お礼もきちんと言えませんでしたが、電車に乗るとあの時のことを思い出します。本当に助かりました。ありがとうございました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

誰かに言いたかった「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加