クデルメトバ 逆転勝ちで4強

クデルメトバ 逆転勝ちで4強

  • tennis365
  • 更新日:2022/09/23
No image

初出場のクデルメトバがベスト4 : 画像提供 tennis365.net

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(日本/東京、ハード、WTA500)は23日にシングルス準々決勝が行われ、第4シードのV・クデルメトバが第5シードのB・ハダッド=マイア(ブラジル)に6-7(4-7), 7-6(8-6), 6-1の逆転勝ちをおさめ、4強入りを果たした。

>>フェデラー/ナダル vsソック/ティアフォー 1ポイント速報<<

>>東レPPO 組合せ・結果<<

初出場のクデルメトバは2回戦で、予選勝ち上がりで世界ランク182位のF・コントレラス・ゴメス(メキシコ)を6-0, 6-1で破って準々決勝に進出した。

一方のハダッド=マイアは、2回戦で世界ランク48位の大坂なおみと対戦予定だったが、試合前に大坂が腹痛により棄権したことで戦わずしてベスト8入りした。

初顔合わせとなったこの試合、第1セットをタイブレークの末に取られたクデルメトバは第2セット、ゲームカウント5-2とリードするも、ハダッド=マイアがタイブレークに持ち込む。クデルメトバはタイブレークでリードを許さず、ハダッド=マイアを振り切って1セットオールとする。

迎えたファイナルセット、クデルメトバは第2ゲームから6ゲーム連取で勝利を掴んだ。試合時間は今大会最長の3時間14分。

勝利したクデルメトバは試合後のオンコートインタビューで「今日は本当にタフな試合だった。私たち2人とも良い試合をしたと思うし、最後は私が勝つことができた」と語った。

クデルメトバは準決勝で、世界ランク36位のジャン・チンウェン(中国)と同84位のC・リウ(アメリカ)の勝者と対戦する。

また同日に行われた準々決勝では、世界ランク28位のザン・シュアイ(中国)が同46位のP・マルティッチ(クロアチア)を7-5, 6-2で破り、ベスト4進出を決めている。

[PR]引退表明フェデラー 最後の雄姿9/23(金・祝)~25(日)BIG4集結「レーバーカップ」WOWOWオンデマンドで全日程独占ライブ配信!9/24(土)午前3:00~緊急生中継も決定!9/19(月・祝)~9/25(日)東レ パン パシフィック オープンテニスWOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!10/3(月)~10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加