壁際設置もOK!150インチの大画面で投影できるVIVAの超短焦点4Kプロジェクター「VA-LT002 BK REV2」

壁際設置もOK!150インチの大画面で投影できるVIVAの超短焦点4Kプロジェクター「VA-LT002 BK REV2」

  • @DIME
  • 更新日:2022/06/23
No image

コントラスト比は3000:1 (FOFO)、HDR10にも対応

サンバレージャパンは、IOT家電などを展開する「VAVA」ブランドより、超短焦点4Kプロジェクター「VA-LT002 BK REV2」を6月24日に発売する。価格はオープン。市場想定価格は364,800円前後。

「VA-LT002 BK REV2」は、最⼤150インチの映像を投影できる超短焦点4Kプロジェクター「VA-LT002」の後継機。「VA-LT002」の部品確保が昨今の世界情勢により困難となり、一部部品が変更された製品で、外観は従来機種同様だが、輝度が2500lmから1800lmとなっている。

特徴は、0.233:1の超短焦点仕様を実現している点で、本体と壁との距離が約8.5cmで80インチ、約18.2cmで 100インチ、約42.4cmで150インチの投影が可能。設置場所から投影⾯までの距離を確保する必要がなく、一般的な住宅環境でも大画面で映像が楽しめる。

No image

また、⾃動ピント調整やエッジ補正機能(8点)も搭載。解像度は3,840×2,160ドット、コントラスト比は3000:1 (FOFO)で、HDR10にも対応する。

音響面では、世界的⾳響ブランドHarman Kardonがチューニングを施した30W×2スピーカーを採用。

静音性にもこだわり、内部に3基の冷却⽤ファンと99%純銅製ラジエーターを搭載したことで、動作ノイズを32db以下に抑えている。

No image

インターフェースはHDMI×3(HDCP2.2対応で、1ポートはARC対応)、USB×1、AV入力×1、ライン出力×1、S/PDIF×1、RJ45×1を装備し、無線LAN(802.11ac 2.4G / 5G 2T2R、DFS)とBluetooth 4.2にも対応。本体サイズは約幅533×奥行き368×高さ107mm、重量は約10.6kg。

製品情報
https://www.vavajapan.com/va-lt002rev2

構成/立原尚子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加