温かくて不思議で不気味。「狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼」が初プレイアブル出展【BitSummit2022】和風ビジュアルに見惚れる探索アドベンチャー

温かくて不思議で不気味。「狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼」が初プレイアブル出展【BitSummit2022】和風ビジュアルに見惚れる探索アドベンチャー

  • GAME Watch
  • 更新日:2022/08/06

【BitSummit X-Roads】

開催日:8月6日・7日

会場:京都市勧業館「みやこめっせ」 3階第3展示場

No image

不思議な日本を舞台に描かれる探索型3Dアクションアドベンチャー「狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼」のデモ版が「BitSummit X-Roads」にて出展されていた。

【狐と蛙の旅~アダシノ島のコトロ鬼~】

「狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼」は、狐の少女「キツネ」と蛙の「カエル」の旅を描いた探索型3Dアクションアドベンチャー。2人は和風の不思議な「アダシノ島」に迷い込み、島の秘密を探すことになる。開発はイラストレーターのリアス氏。

「アダシノ島」には鳥居のほか、赤い光を放つ屋台の提灯やネオンの看板が混在するように並んでいる。古代でも現代でもない、魅力的だがどこか不気味な雰囲気が本作の持ち味と言える。

No image
No image

キツネとカエルは迷子になってもかなりのんびりしており、街の人々との会話も楽観的なものが多い。そうしてストーリーもじっくり展開するのかなと思っていると、カエルが謎の鬼に突然食べられてしまう。

驚くのもつかの間、鬼はキツネも追いかけ始め、そこから急激に鬼ごっこパートがスタート。鬼がぐんぐん迫ってくる中、エリアを移動し、どうにか道を見つけながら、鬼から逃げなくてはならない。

No image

恐怖を感じる鬼ごっこパート

キツネは移動のほか、その場に光を灯すアクションが可能。光は鬼を少しだけ足止めさせる効果があるほか、エリア上の祠を灯せば、ふさがっていた道が開くこともある。キツネが灯す光は、本作では重要なキーとなるようだ。

デモ版ではなんとか難を逃れたキツネとカエルが、ある旅館に泊まるというシーンまで進む。この旅館も怪しさ満載で、ドキリとするような仕掛けも登場。2人が島の怪しい部分にどんどん巻き込まれていくようで、ますます続きが気になってしまった。

「狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼」はNintendo SwitchやSteamなどにて発売予定で、発売日や価格は未定。今後の動向に注目したい。

No image
No image

安田俊亮

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加