「玉響」ってなんと読む?「たまひびき」「ぎょくきょう」ではありませんよ!

「玉響」ってなんと読む?「たまひびき」「ぎょくきょう」ではありませんよ!

  • Precious.jp
  • 更新日:2022/05/13

「薬玉」ってなんと読む?「くすりだま」ではありません!

明日・5月14日は『けん玉の日』です。

現代のけん玉の原型となる「日月ボール」が実用新案登録された日が大正8年(1919年)のこの日であった事にちなんで、一般社団法人・グローバルけん玉ネットワークが制定した記念日になります。

「けん玉で世界をつなぐ」を合言葉に、「けん玉を国際的に普及させること」が目的とされており、

その指針通り、けん玉の人気は、海外にも広まっているようです。

昨年オンラインで開催された『けん玉ワールドカップ』では、アメリカ、カナダ、香港など各国からのエントリーがあり、ルーマニアの参加者が銅メダルに輝いています。

素朴な日本の玩具が世界で愛されている…嬉しいですね。けん玉、海外の方へのお土産品としても良いかもしれません。

本日は、「玉」という字の入った日本語クイズをお送りします。

【問題1】「玉響」ってなんと読む?

「玉響」という日本語の正しい読み方をお答えください。

ヒント:「ほんの少しの間」を意味する言葉です。

<使用例>

「楽しい時間ほど、玉響ね…。」

No image

読み仮名4文字です。

…さて、正解は?

※「?」画像をスクロールすると、正解が出て参ります。

No image

正解は↓に‼

正解は… 玉響(たまゆら)です。

No image

玉が揺らぎ、かすかに触れ合うようすから生まれた表現で、「非常に短い時間」を表す言葉です。

類義語として「一瞬」「刹那」「瞬時」などが揚げられます。

美しくロマンティックな表現ですので、「玉響(たまゆら)」、ぜひ使いこなしたいですね。

さて、2問目に参りましょう。

【問題2】「薬玉」ってなんと読む?

「薬玉」という日本語の正しい読み方をお答えください。

ヒント:「種々の香料を詰めた錦の袋に薬草や造花をつけ、長い5色の糸をたらした飾り物。」また、これに似せて作った「式典や祝い事などに用い、割ると中から紙吹雪などが出る飾りもの。」などを指します。

<使用例>

「薬玉の中からメッセージの垂れ幕が出てくるようにしたいのよ。」

No image

読み仮名4文字です。ヒントが簡単すぎたかも…?

…さて、正解は?

※「?」画像をスクロールすると、正解が出て参ります。

No image

正解は↓に‼

正解は… 薬玉(くすだま)です。

No image

この表記、実は意外性がありますよね。

「くすだま」といえば、パーティー用の、パカっと割れる飾り物を容易に連想できますが、
あの品物の表記が「薬玉(くすだま)」だというのは、知らなかった方には意外でしょう。

「薬玉(くすだま)」は、もともとは、邪気をはらうために、香りの強い薬草類を包んだ袋を飾って作った、玉状の飾り物を指しており、

その昔は、端午の節句や重陽の節句に飾るものだったのだとか。

現代ではすっかりパーティーグッズと化していますが、表記の歴史をたどると、意外な事実が見えて参りますね。

***

本日は、5月14日『けん玉の日』のトリビアと、「玉」という字の入った日本語から、

・玉響(たまゆら)

・薬玉(くすだま)

などの読み方、背景についておさらいいたしました。

Precious.jp(プレシャス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加