東山紀之 近藤真彦の退所の仕方に「大きな疑問が残っている」

東山紀之 近藤真彦の退所の仕方に「大きな疑問が残っている」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/02
No image

少年隊・東山紀之

少年隊の東山紀之(54)が2日、メーンキャスターを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」(日曜、前5・50)に生出演。歌手・近藤真彦(56)が4月30日をもってジャニーズ事務所を退所したことについて言及した。

番組では近藤の退所に関する話題を取り上げ、これまでの歩みや、事務所を通じて発表した退所報告のコメントなどを紹介。東山は「僕自身、今回の退所の仕方っていうことに、大きな疑問が残っている」と切り出すと、「後輩たちにもファンの人たちにも何の説明もなかったので、それは説明をしたくなかったのか、することができなかったのか、それともこれからするのか。これからどうなっていくのか、これから見ていく必要があると思います」と厳しい表情で断じた。さらに「僕らはたくさんのファンの人たち、スタッフの人たちに支えられていますから、それに向き合うことが大事。僕が言えることは、退所という選択が正しかったんだってことを今後の生きざまで示して頂きたいなと思います」と語気を強めた。

また、近藤が過去の同局の番組で東山について「後輩の教育がすごく行き届いている」、「あいつとは一番年齢が近いし、僕よりも後輩のことを一番考えている。東山は踊りもお芝居も、後輩がああなりたいと思うような手本」などと語ったVTRも紹介された。

近藤の退所で自身がジャニーズの“長男”となることについては「僕は年齢的には一番(上)になりますけど、後輩たちはみんなエンターテイメントに真摯(しんし)に向き合ってるので、お互いに高めていきたいと思う」と東山。しかし、何より近藤の今回の決断についての疑問が冷めやらず、「マッチさんのために自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方をたくさん知ってるので、その人たちの思いをマッチさんはどう受け取ってるのかなって。そのことを考えると、今回の退所のコメントも、すごく薄っぺらく感じる。これからマッチさんがどういう生き様を見せてくれるか、楽しみとかじゃなく、見せて欲しいと思う」と、慕ってきた先輩だからこそ厳しい口調で話した

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加