入院病床339に拡充 県、自宅療養へ訪問看護増強

  • 宮崎日日新聞
  • 更新日:2021/11/25

県は24日、新型コロナウイルス感染者の入院病床について、新たに7床を確保し、県全体の病床数が計339床になったと発表した。回復期の感染者を受け入れる後方支援病院や、自宅療養者の健康観察を行う訪問看護ステーションなども拡充しており、「第6波」に備えて医療提供体制の強化を進めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加