「抜きキャンバス」を使って1つの刺し方だけでできる♪ クロスステッチで「イニシャル」と「モチーフ」

「抜きキャンバス」を使って1つの刺し方だけでできる♪ クロスステッチで「イニシャル」と「モチーフ」

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2021/11/25

いろいろなステッチを組み合わせて色とりどりの糸で刺すというイメージの刺繍。1種類の刺し方、1色の糸で刺してみると、落ち着いた雰囲気の作品に! 今回は「Embroidery Studio ECRU」を主宰し、刺繍の普及や後進の育成に努めている、大塚あや子(おおつか・あやこ)さんに「クロスステッチで作る『イニシャルとモチーフ』」について教えてもらいました。

【前回】1種類の刺し方、1色の糸で簡単♪ 「ボタンホールステッチ」で縁飾り

1つの刺し方だけで、イニシャルやモチーフを刺してみましょう。

クロスステッチは名の通り、クロスをつなげて絵柄にします。

クロスは布目を数えて刺すのですが、「抜きキャンバス」というアイテムを使うと、細かい布目を数えなくてもできます。

また、タオルなどの布目が分からない素材でもOKです。

シャワータオルに木の葉

No image

布ナフキンにイニシャル

No image

市販のタオルにハート

No image

抜きキャンバスを使って刺します

抜きキャンバス

No image
No image

10cm四方の目の数の違うものが市販されています。きれいに仕上げるためには、なるべく目数の多いもので刺すことをおすすめします。

刺し方

(1)刺したい図柄の倍ぐらいに切った抜きキャンバスを布にしつけする。針は、先のとがったものを使用し、2本どりで、玉結びをする。

No image
No image

(2)刺繍枠に布を挟み、少し離れたところに針を入れて、刺したい場所に出す。続けてこの場合は抜きキャンバスの2目を基準として、対角に針を入れる。

No image
No image

(3)横2目右に針を出して、対角に刺すとクロスができる。下図のように図案に添って刺していく。

No image
No image

抜きキャンバスの抜き方

(4)模様を刺し終わったら、しつけを取る。

No image

(5)横方向にキャンバスを引き出す。横から始めたら、同じ方向のキャンバスを引き抜いていく。

No image

(6)横キャンバスを全て抜いたところ。さらに縦のキャンバスを引き抜く。

No image

(7)抜きキャンバスを全て引き抜いた。きれいな木の葉のクロスステッチ模様のできあがり。

No image

クロスステッチの図案

同じ大きさのクロスをつなげて絵柄にします。

クロスの大きさは、小さいほど仕上がりはきれいになります。

アルファベット

No image

モチーフ

No image

木の葉ハート

No image
No image

※ハートの×部分と木の葉の白い部分は色を替えると楽しい模様に。

【まとめ読み】特集「1色刺繍で縁飾りとイニシャル」記事リスト

撮影/原 務 トレース/ウエイド手芸部

<教えてくれた人>
大塚あや子(おおつか・あやこ)さん
「Embroidery Studio ECRU」を主宰し、刺繍の普及、後進の育成に努めるかたわら、広告制作やテレビ出演、雑誌、書籍出版など幅広い分野で活動。著書に『大塚あや子のステッチワーク 24の刺繍物語』(文化出版局)など多数。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加