野村周平 日本発祥の“ドリフト”描く映画で主演「土屋圭市さんの車で練習した」

野村周平 日本発祥の“ドリフト”描く映画で主演「土屋圭市さんの車で練習した」

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/01/14
No image

映画『ALIVEHOON アライブフーン』製作発表イベントが14日、千葉県・幕張メッセで開催中の「東京オートサロン」内で行われ、主演・野村周平ら豪華キャストと、監修・出演の元レーシングドライバー土屋圭市、下山天監督が登壇した。

内向的だが天才的なeゲーマーが解散の危機に瀕するドリフトチームに加入し、仲間とともにレースに奮闘する姿を描くエンターテインメント。

「日本発祥の“ドリフト”を世に残したいという思いを込め、ドリフトの迫力を徹底追求した」と言う下山監督。本作では“ドリフトキング”こと土屋圭市監修のもと、いわゆる“ドリ車”と呼ばれる人気車が実際に、CGなしでカースタントを披露する。

No image

普段から車好きという野村はドリフトシーンにも挑戦。「逆にeスポーツのドリフトが難しかった」と振り返り「ドリフトの練習をするとき、土屋さんの車で練習させてもらったことも貴重な経験だし、それをぶつけた福山翔大くんも見ていて楽しかった」と暴露し、福山が恐縮する一幕も。

そんな福山は「周平くんが本当にうまくて。横でそれを見ながらメラメラ燃える気持ちを役にぶつけました」と、野村のドライビングテクニックを絶賛。

「僕自身、車が好きでウソをつきたくなかったので“真剣にやらせていただきます”と、ドリフトシーンも手を抜かずに、納得いく映像を撮ることができた。100点満点だと思います。ウソ1つないすばらしい映画ができた」と手ごたえに胸を張っていた。

この日の登壇者は野村周平、吉川愛、陣内孝則、青柳翔、福山翔大 土屋圭市、下山天監督。

映画『ALIVEHOON アライブフーン』は今夏、公開予定。

No image
No image
No image

秋吉布由子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加