【野球殿堂】特別表彰にアトランタ五輪銀メダル監督の川島勝司氏「身に余る光栄」

【野球殿堂】特別表彰にアトランタ五輪銀メダル監督の川島勝司氏「身に余る光栄」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

野球殿堂博物館は14日、今年の殿堂入りを発表した。競技者表彰はプレイヤー部門、エキスパート部門ともに選出者はいなかった。特別表彰ではアトランタ五輪野球日本代表監督の川島勝司氏(77)とノンフィクション作家の佐山和夫氏(84)が選出された。

No image

川島勝司氏

栃木県出身の川島氏は、桐生高、中大を経て日本楽器(現ヤマハ)へ。引退後は日本楽器及びヤマハの監督を務めた。88年ソウル五輪野球日本代表コーチを務め、96年アトランタ五輪では野球日本代表の監督として銀メダル獲得に導いた。

川島氏は「大変な名誉であり身に余る光栄であります。アトランタ五輪は結果は銀メダルでした。決勝のキューバ戦2-6の5回表、4番松中君の同点満塁本塁打はかつて味わったことのないような感動でした。今後も微力ながら野球の発展に尽くしていきたいと思います」と話した。

特別表彰はプロ野球役員やアマチュア野球役員、識者からなる選出委員の投票で決まる。有効投票数は14で、当選必要数は75%以上にあたる11だった。

<開票結果>

川島 勝司 13

佐山 和夫 12

古関 裕而 5

谷村 友一 5

松前 重義 4

金子  鋭 1

尾藤  公 1

有田 辰三 0

太田  誠 0

近藤兵太郎 0

◆川島 勝司(かわしま・かつじ)1943年(昭18)4月17日生まれ、栃木県出身の77歳。桐生高-中大-日本楽器(現ヤマハ)でプレー。72年から3度にわたり日本楽器(現ヤマハ)監督。88年にソウル五輪日本代表コーチ、96年アトランタ五輪日本代表監督。00年から12年までトヨタ自動車監督、総監督を務めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加